スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍ヶ谷富士と舎ノ峰

関八州見晴台からは、とにかく全部のピークを踏んで行くことにします。
『ものがたり奥武蔵』には、ハトムネ、井戸入、カンナタテの山名があります。
思いがけず、龍ヶ谷富士にも登ってしまい、これで奥武蔵富士5つ目です。

s8580160.jpg
龍ヶ谷富士

下りは、柏木尾根を下ります。
柏木尾根は、地元でも通じる呼び名で、高畑の男性もそう呼んでおりました。
飯盛峠、飯盛山はどちらも、イイモリとのことで、『ものがたり奥武蔵』とは見解が食い違います。

s8580173.jpg
岩場を越える

s8580174.jpg
岩場を登る

舎ノ峰は、展望こそあまり無いですが、雑木に囲まれた雰囲気の良い山頂です。

s8580175.jpg
舎ノ峰山頂

s8580178.jpg
ゴツゴツ岩の尾根を下る

前回歩けなかった登山道を下りますが、その荒れ方は酷いものです。
舎ノ峰の尾根道の方が歩きやすかったくらいです。

薮はあるし、枝葉が散乱しているし、道標も無いので、分岐もどちらへ行って良いやらわかりません。
舗装路に出た時はホッとしましたよ~。

s8580185.jpg
荒れた登山道を下る

s8580187.jpg
ここから舗装路

s8580190.jpg
柏木尾根入口

s8580195.jpg
北川の春

最後に、白山神社から林道広場まで往復しておき、本日の踏査を終了しました。
おかげさまで、予定通りに宿題をすべてこなすことができました。

s8580198.jpg
西吾野の春

東吾野北側をあと二日で終わらせたいですね。

明日は、五六峠などいくつもの小さな山を踏査する予定です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。