スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高畑~不動ノ滝~関八州見晴台

関八州見晴台へ行くにしても、前回と同じ道では芸がありません。
沢沿いの道に入ってみることにしました。

s8580094.jpg
小滝を見る

水道施設まではその管理道だったようで、歩きやすかったのですが、そこから先はいきなり道が細くなり、森林公社石標を頼りに登ります。
この時点で、地形図破線路とはズレが生じておりました。

s8580097.jpg
森林公社

平坦地に出ると、不明瞭になりますが、赤杭を目印に進むと、踏み跡が復活します。

s8580099.jpg
赤杭

不動ノ滝で修行をしていた人が寝泊まりしていたと思われる宿坊跡を発見しました。
真意はわかりませんが、人工的な平坦地なので、なんらかの建物があったのは間違いないでしょう。

s8580101.jpg
宿坊跡?

薄い踏み跡を頼りにトラバースして行くと、造林小屋が見えて来て、祠もあり、そこからは、ロープ付きの良い道で不動ノ滝へ降りられました。
まさか不動ノ滝に繋がっていたとは~。
こういうのが面白いんですよね。

s8580102.jpg
造林小屋

s8580103.jpg


s8580104.jpg
不動ノ滝を上から覗く、欅の大木がすごい

不動ノ滝からは、一般登山道で関八州見晴台へ上がりました。
けっこうな賑わいです。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。