スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟻ノ戸渡リ

2015.3.22(日)曇りのち晴れ
6:00~18:00
西吾野駅~高畑林道~関八州見晴台~岳岩~猿岩山~峰山~御岳山~龍隠寺~上大満バス停~桂木観音~ゆうパークおごせ


s8520045.jpg
蟻ノ戸渡リを踏査

奥武蔵の中でも屈指と言える難所の一つ、蟻ノ戸渡リへ行ってきました。
四つん這いでやっと登れました。

四寸道の由来はきっとこれでしょう。
幅12センチ=四寸ってけっこう狭いですよ。

関八州見晴台からだと登りでなんとか登れますが、越生からだと、下りになるため危険です。
高所恐怖症の私は、下れませんでした。
でも、細いですが、捲道もあります。
それも怖くて歩けない場合は、岩の基部を回る捲道もあります。
かなり下まで降りてから登るので、けっこうな労力ですが、一番安全です。

武巌琴宮っていう石碑も建っていて驚きましたが、これを見るのもけっこう大変です。

s8520031.jpg
ナイフリッジ状の蟻ノ戸渡リ

s8520041.jpg
捲道は細い

s8520048.jpg
武巌琴宮

西吾野から越生は遠いですね~。
しかも大高取山は、網目状に道があり、何度も迷って頭が混乱しました。
どうでもいいところに道標がありますが、肝心の分岐に道標が無いのです。
枝道も多く、日没間近の18時過ぎに下山し、ゆうパークおごせで疲れを癒しました。
帰りは無料の送迎バスで越生まで送っていただけたのはラッキーでした。
18時以降は、600円となり、温泉入れて、バスで送ってもらえればかなりお得です。

s8520321.jpg
ゆうパークおごせ

s8520323.jpg
送迎バス時刻表

蟻ノ戸渡リが地図に載るかどうかは、これからいろんな人と相談して決めますが、多分、諸事情で載らないんじゃないかな~。

追記

2015.3.25 岳巌琴宮→武巌琴宮 と訂正いたしました。
ご指摘ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
25:
踏査お疲れ様です。
奥武蔵に「蟻ノ戸渡リ」があるとは驚きました。
これは、地形図の「高山不動尊奥の院」から東の「704m峰」を越えて下りて行く「630m圏峰」あたりのことでしょうか?

関八州見晴らし台に行ったのは、中学校1年の遠足(1966年5月)で、なんと49年前になります。 それ以来行ったことがありませんが、今度滝巡りも兼ねて行ってみたくなりました。

なお、石碑は「武厳琴宮」と読めます。
26:
そうですね。630m圏峰になります。
山名が岳岩なので、混同してしまいました。
ご指摘ありがとうございます。

関八州見晴台、約半世紀も前なら、懐かしさもひとしおでしょうね。展望のいいところですよ~。

猿岩林道への降り口が悪く、擁壁の縁を木につかまりながら下りました。
他に良い道を見つけたら教えてくださいね。

そういえば、猿岩は「たけいわ」と読むんですよね。
この山と関係がありそうだな~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。