スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深沢~土山の峠道

昔の峠道と聞いたら、気になって仕方がありません。
このモヤモヤを解消するには、もう歩くしかないですね。
道を戻ると、畑で作業中の人に声をかけられ、道のことを聞くと、やはり昔からの峠道とのことですが、今は歩く人がいないとのことです。
ちょっと不安になりましたが、歩いてみなければわかりません。
百聞は一見に如かずです。

西光院と神社を過ぎて、沢沿いの作業道を進みます。
倒木のあるところで、作業道は左岸へ渡るので、そのまま右岸(向って左)を直進すると、山道に変わりましたので、これが昔からの峠道なのでしょう。

s8490091.jpg
良い道が続きます

なかなか良い道だなあと思ったのもつかの間で、左に大岩を見ると、倒木地帯になりました。
後で、ここから左へ上がる道が峠道だとわかるのですが、この時は沢沿いを進んでしまいます。

s8490094.jpg
倒木地帯

やっとこさ、倒木地帯が終わったと思ったら、ヌタ場がそこらじゅうに点在しております。
獣の足跡も無数にあって、ここで、猪が体をこすりつけたりしているのか?
と思うとゾッとします。
背筋に冷たいものを感じて、さっさと立ち去ります。

s8490095.jpg
ヌタ場

その後も、ヌタ場と倒木が出て来て、大変なことになって来ました。
沢のツメまで来ると、歩けそうなところも無くなりましたが、ここまで来たら強引に進むしかありません。

s8490099.jpg
ここ登るの~?

急傾斜な上に、倒木越えっていうのは、重労働ですね。
どこかに踏み跡ないかな?
と探しますがまったくありません。

s8490100.jpg
薮倒木はさすがにきつい

やっと踏み跡あった~!
と思ったら、昨日歩いた深沢山~土山の登山道です。
とにかく、藪こぎが終わって、コブで休憩することにしました~。
道が無いんじゃ、地図にも載せられませんね。

あ~あ~無駄踏査だ~。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。