スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉峠探索

いったいどういう経路で峠道があったのでしょうか?
もう一度、地形図を見てみると、220m圏で破線路がくいっと西に折れております。
どうもここが臭います。

手元の資料では、宿谷から日高市へ抜ける峠道とあります。
普通なら尾根を直進するところをわざわざ遠回りするような経路です。
最初は、広尾根なので、踏み跡も薄いのですが、尾根の形がはっきりとしてくれば、かつての峠道が出て来ます。

s8430071.jpg
かつての峠道

残念なことに、秋葉峠周辺の道はほとんど消えているようです。
資料にもそうあります。
でもまあ、行ってみないとわかりません。
植林に囲まれたコブで右に曲がると、雑木に包まれた鞍部あり、そこが秋葉峠のようです。

s8430073.jpg
秋葉峠発見か?

周囲を見回しますが、やっぱり峠道は見当たりません。
さらに先のコブへ行き、下ってみると、妙な平坦地が横切ります。
この先の尾根はかなり密な藪で進めそうにありません。

左の宿谷ノ滝方面を見てみますが、道形が消えてます。
右を進むといくらか道形があるようです。

s8430076.jpg
かつての峠道?

これがかつての峠道だったのかな?
宿谷ノ滝方面からも峠道があったということでしょうか。
踏み跡は薄いものの、なんとか秋葉峠にたどり着くことができました。

s8430077.jpg
秋葉峠に戻る

公図を信じてこの鞍部を秋葉峠としましょう!

それにしても、尾根の途中に峠があるとは不思議です。

宿谷から宿谷ノ滝方面への道もここを越えていたから秋葉峠となったような気がします。

宿谷物見山からの尾根に出たら左へ曲がって、下ります。
右へ宿谷物見山への道を分けて、藪尾根に突入します。

s8430086.jpg
170m圏・鎌ノ平

公図に鎌ノ平とある場所に行ってみたかっただけですけど。
樹林に囲まれた平坦な尾根ですね。
尾根を下り、尾根の右へ外れる薄い踏み跡を見つけてそちらを下ると、長ヶ谷戸沿いの地形図破線路に出ました。

上流は倒木で進めないようですね。
ちなみに、尾根通しに下ると、林道の切通しにぶつかってしまいます。

さあ、残りは、気になる細道だけです。

s8430087.jpg
右の細道へ

右上に墓地への道を分けて、分岐の赤布を頼りに直進し、草の中にわずかにある踏み跡を進みます。
そしたら予想通り、宿谷物見山への分岐へ出ることができました~。
足下の青杭が目印です。

s8430090.jpg
宿谷物見山分岐

遊歩道のような擬木階段を下って、車道に出て、カチ坂峠(粕坂)を越え、清流峠を越えて高指山を目指します。

日和田山、高指山へ続く
関連記事
スポンサーサイト
22:秋葉峠で考えること
はじめまして、同世代の男性のやっちと申します。
毎日、ご苦労様です。
楽しみにHPを拝見させて頂いております。
私も週2~3回はバリルートを中心に奥武蔵の山々を歩き回っております。いつかお会いできるかなと思っております。
詳細地図の事も興味深々でして。何かお手伝いでも出来ればと勝手に思っております。
最近は「ものがたり奥武蔵」を読みながら・・・今度はあの岩を探しに、その次はあの峠へなどと計画を立てております。
秋葉峠の事で増補「ものがたり奥武蔵」P65にありましたので、存知でしたら、余計なことをすいません。
「頂上を峠ということ」
越上山から日和田山へ続く山稜の北側の、山根、毛呂村方面の人々は、三角形の整った山を、トウゲと正しく発音して呼んでいます。烏峠、経ヶ峠、秋葉峠など、みな山頂につけられた山名です。これはいうまでも無く、とがった山の古称のトッケの転訛したものですが、はっきりと峠と発音しているのは面白いことです。・・・・・と
この事を考えると山頂や尾根道沿いに峠とうい地名があるのもなるほどと思いました。
これからも頑張ってください。
そして詳細地図の完成といつか奥武蔵の山中でばったりお会いできるのを楽しみにしております。

24:
ようやく武蔵横手から脱出して、今日から東吾野周辺となりました。
コロコロしている人がいたら声をかけてくださいね~。

『ものがたり奥武蔵』は好著ですよね。
夢中で一気に読んでしまいました。
おすすめはしませんけど、黒ツイジは難しかったですよ~。
下からも上からも密藪なんで、かすり傷必至です。

峠の話も興味深く読みました。

烏峠、経ヶ峠がゴルフ場に消えてしまったようなので残念です。

秋葉峠に関しては、他に資料がいくつか出て来て、検討中です。その資料では、300m峰は高岩となっております。
もし会えたらゆっくりお話しましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。