スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾崎山から都留文大

2016年1月28日(土)
東桂駅~古渡自治会館~尾崎山~930m圏峰~859m峰~二股~860m圏鞍部~楽山公園~都留文化大学前駅

今日は土曜日なので静かな山歩きを求めて、尾崎山へ行くことにしました~。
羽根子山と高川山のレポが未完成ですが、これらは後日まとめてやる予定です。
東桂を出て、国道に出るとすき家があったので、朝食をここで済ませます。
まぜのっけ朝食~。
ガストやローソンもあって、便利な国道沿いを進んで、古渡へ向かいます。

石造物が並ぶ榎塚は、石仏ファンにはたまらない場所。
一つ一つの石仏をじっくり観察してみたいものです。
それにしても、車の通りが意外と多いですね。

鹿留川に沿って進むと、椀貸し伝説のある「おなん淵」です。
お椀を無くしてしまった「おなん」が身を投げた場所ですが、ゴミが浮遊していて汚いのが残念です。
私が以前訪れた時は、解説板がありませんでした。

s9430022.jpg
おなん淵

そうそう、この入口は見覚えあるなあ。
と入って行くと、天満宮がありました。
少し違うような気もしますが、ここから入ります。
畑の先で踏み跡が無くなってしまい、途方に暮れてしまいました。
仕方がないので、ガンジカ沢の涸れ沢に沿って登ると、石垣があって昔は水流があったのだろうなと想像します。
踏み跡が無いので、北の方へ進むと、小尾根に出ましたが、踏み跡がわかりにくく、倒木もあったので、尾崎山への道には気づかず、そのままトラバースしてしまいます。
明瞭な尾根に乗りますが、踏み跡が無いのでどうも違うようです。

ままままま、まよった?( iдi ) ハウー

一度歩いたことがある道だからと油断していたのが間違いです。
下って行くと、果樹園に出て、三ツ峠山がなかなか良い眺め。
これは不幸中の幸いですね。

s9430037.jpg
天満宮

s9430045.jpg
優美な三ツ峠山

車道に出て、石造物が三つ並ぶ場所から入って進むと、民家で洗濯物を干している人がいたので聞いてみました。
尾崎山に行きたいのですが、この道ですか?

そしたらなんと、尾崎山は知らないし、ここを歩く登山者も見たことが無いと言います。
古渡自治会館の場所を聞くと、もっと南のようなので、引き返して車道を南へ進みます。

てくてく歩いて行くと、日向ぼっこをしている男性がいたので、古渡自治会館の場所を聞くと、火の見櫓の近くだと言います。
そういえば、火の見櫓あったなあ。
どうやら、行き過ぎていたようです。
この男性も尾崎山は知らないと言います。

これで入口が見つからなかったら、今日は諦めて帰ろう。
火の見櫓の先のちょっと奥まったところに自治会館がありました。
あ、これだ~!

s9430051.jpg
古渡自治会館

入って行くと、小さな神社があってこれは記憶にあり、この道で間違いないようです。
ふ~~~やれやれ…。
登って行くと。

あ、この場所は見覚えあるぞ。

s9430054.jpg
この場所は二度目

ここに気が付けば、ぐるぐる回る必要も無かったのになあ。
時計を見たら1時間もロスしておりました。
とにかく、登って行きますが踏み跡が薄くてわかりにくいです。
歩く人が少ないのでしょうか。
地元の人にも忘れられている山ですからね。

やっぱり、数年前の大雪で倒木が増えて、踏み跡が分かりにくくなっております。

s9430055.jpg
倒木でわかりにくい

登って行くと、踏み跡が明瞭になって来て、700mを越えると雪を踏むようになり、足跡があります。
急登をこなして行くと尾崎山山頂です。

s9430057.jpg
尾崎山山頂

s9430063.jpg
三ツ峠山と尾崎山

860m圏鞍部に来たら、前回間違えてしまった二股の再踏査です。
まずは、859m峰へ行き、南の二股を目指して急下降します。
途中で右から踏み跡が出て来て、大きくジグザグに下りますが、不明瞭な場所もあり、ピンクテープを頼りに下ります。
沢が近くなると、踏み跡を見つけて、正月に来た二股に下り立ちました。
あの時は沢沿いを行きましたが、ここから上に上がるのが正解なのですね。

それにしても、踏み跡が細いし、薄いしわかりにくいです。
基本的に大きくジグザグを切って上がります。
丸太で補強された場所もありますが、ほとんどが細い杣徑です。
明るい雑木林で、左に折れるとジグザグが無くなって、山腹をトラバースします。
細い道がかろうじて残っているような感じで、よそ見をしていると見失ってしまいそうです。
右に折れて登れば、860m圏鞍部ですが、振り返っても薄暗い植林の中で踏み跡がわかりにくく、下りに使うには不向きです。

s9430069.jpg
二股

s9430070.jpg
補強の杭

s9430071.jpg
松の大木

s9430073.jpg
山腹を行く杣徑

s9430074.jpg
最後に右に折れる地点

s9430075.jpg
860m圏鞍部から杣徑を振り返る

なんとか二股の再踏査を終えましたが、難しい道だったので、地図に載せるかどうかは悩みます。
都留文化大学へ向けて下りますが、こんなに急だったっけ?
何度かヒヤヒヤしながら下り、送電線鉄塔を過ぎると、伐採地に出て心がスッキリするような大展望が広がります。
ここの景色は、昔と変わりなく安心しました。

楽山公園を経て、下りますが標高が下がってもこの辺りは雪が深いです。
登山靴がだいぶ傷んでいるので、穴から水がはいって、グチョグチョ。
新しいの買おうかな~。

s9430090.jpg
都留文化大学分岐から眺める南大菩薩

都留市グルメマップにあるレストラン 鎌倉へ行き、チーズオムレツ 840円を注文。
けっこうすぐに料理が出て来てびっくりです。
本格的なオムレツを食べたことが無いので、初体験でした。
玉子がふわふわ、チーズがトローで、うまい。
14:30だと客は私一人だけで、ゆったり食事ができました。
こういうお店が好きです。
ハンバーグが評判の店らしいので、次回はハンバーグで行きたいですね。

s9430118.jpg
ハンドメイドレストラン 鎌倉

s9430116.jpg
チーズオムレツ 840円
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。