スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高岩山と大窪山

2016年12月23日(金)
初狩駅~高岩山~大幡峠~大窪山~近ヶ坂峠~向峠~初狩駅

『子どもといっしょに遊べる山』という本に紹介されている高岩山へ出かけることにしました~。
この本に紹介されている山は、子供と一緒に遊べないような山が多く、高岩山もその一つです。
初狩駅で1年ぶりにTさんと再会し、踏査開始。
線路を歩いて高岩四所神社へ行き、社殿の奥から取り付きます
左に眺めの良い擁壁二箇所に出るところがありますが、右寄りを選んで進むのがコツ。
平坦な尾根に出れば、明瞭な踏み跡が出てきます。
急登の後、平坦な尾根になれば、高岩山で松が生えております。
ここから、高岩のてっぺんへ出るルートが、かなり難しいです。
急下降なので慎重に下って、脆い岩を登ればてっぺんですが、怖くて上には立てません。
オーバーハングしていて、覗き込むとあまりの怖さに体が縮み上がります。
子供と一緒には遊べません!(笑)

s9390090.jpg
初狩駅付近の案内図、チカヂカザカトウゲになっていた。

s9390005.jpg
線路を歩ける珍しい場所

s9390007.jpg
最初の目的地、高岩

s9390017.jpg
地獄覗きは、ホントに怖い…

高宕山から下ると、富士山の見える岩場出て来てしばし鑑賞。
この付近、滑りやすくて注意が必要です。
進むにしたがって、薮が深くなり、北側の迂回路を進みますが、ほぼ同じ場所で私もTさんも滑ってしまいました。
雨上がりの後は要注意です。
尾根上の薮を我慢して進むのが得策のようです。

s9390019.jpg
高岩からの富士山

s9390022.jpg
上級者もびっくりのヤブ

一旦車道に出て、中初狩観測局の脇から斜面を斜上しますが、道が細く滑りやすいの注意しながら登ります。
薮もあるので、逆コースだと躊躇してしまいそうです。
主尾根に出ると、良い道が西へ延びていたので、行ってみると、茶色い物体に出くわし、びっくりくり~w(☆o◎)w
なぜ犬がこんなところにいるのでしょう?
ゴルフ場入口のところで県道に出ましたが、初狩駅へはちょっと遠回りです。

s9390036.jpg
左の道へ

道標の無い尾根ですが、10年前に歩いた時より歩きやすくなっていて、薮がありません。
大窪山山頂には、山名標がありますが、展望はほとんど無く、静かな山頂です。

近ヶ坂峠でパンを食べて、しばらく歓談してまったり~。
都留市側へ行くと、風も無くあたたかです。

鍵掛峠~金井分岐区間にマーキングが付けられていてびっくりくり~w(☆o◎)w
この道を愛する人がいるのですね~。

s9390045.jpg
のどかな尾根歩き

s9390048.jpg
大窪山山頂

s9390064.jpg
雰囲気の良い近ヶ坂峠

s9390067.jpg
四が四つ (°口°;) !!

s9390068.jpg
鍵掛峠~金井分岐区間にマーキングが…?

向峠から右へ峠道を下ると、林道になって蚕種石(こたねいし)なるものを見つけました。
しかし、道標の指す方向を見ても、普通の岩にしか見えません。
右岸にも岩があり、穴らしきものもあるので、行ってみると、Tさんが蛇に見えるといいます。
私は、蚕蛾の成虫に見えますが、道標の指す方向があやふやなので、真相はわかりません。

s9390084.jpg
蚕種石

s9390083.jpg
蚕種石???

明日は休日出勤になってしまいました~。
イブに仕事か~。( iдi ) ハウー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。