スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨乞山(あまごいやま)

標高590m。 穴沢右岸、中ノ沢ノ頭の南東にある山。飯能市。

s8780019.jpg
2015年5月1日(金)590m圏峰 雨乞山山頂

『あしなか 第213号 P2』略図にある山名で、柏木橋から柏木林道に入り、八幡神社の裏から尾根に取り付くが、笹薮と急登があり、たどり着くのが困難な山頂である。
山頂は、樹林に囲まれ展望が無いが御神木と思われる杉の大木があり、かつては雨乞いの神事が行われたことを思わせる。

越上山の雨乞いと同じように、南東の穴沢に釜淵があり、ここで雨乞いをした後、この雨乞山に登ったのだろう。

釜淵には、次のような龍の伝説がある。

昔、釜淵には龍が住んでいて、伯林寺に近い入間川の鬼丸淵と地下で通じていた穴から行き来していたらしい。
この龍は近くに住む機織りの娘に恋をしていた。
人寄せなどで膳椀が必要なときは、釜淵に来て龍に頼むと貸してくれた。
ある時、借りた器を壊してしまった人がいて、それからは膳椀は浮いてこなくなったそうだ。



『埼玉の川を歩く 飯野頼治 著 さきたま出版会 P17』

『ものがたり奥武蔵 P155』にも同じような話が書いてあり、こちらの龍は沢の入口に池を作ろうとしたができなかったという話がある。
この他『名栗の民俗 上 P340』にも「釜淵の竜神様とお膳」というタイトルで同様の話が書いてある。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。