スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登中(とっちゅう)

標高501m。 花桐川左岸、伊豆ヶ岳の北北東にある山。飯能市。

s8790193.jpg
2015年5月2日(土)501m峰 登中山頂

登中 トッチュウ

前ノ沢の東。
大蔵山と花桐の途中だと簡明な説明を土地の古老から伺った。
なるほど地図でみるとそのとおりである。
もっとも栃生(トチウ)⇒途中も考えてみたい。



『飯能市史 資料編 Ⅺ P165』

南西の旧南川村 大多比良、北の登中、南東の花桐の三つの小字の境界が交わる山頂。
『あしなか 第213号 P2』略図では、この山を笠岩(かさや)としているが、それらしい岩は見つからない。
しかし、『飯能市史 資料編 Ⅺ』でも花桐に笠岩の小字があるとしており、花桐の西端になるので、ここが笠岩であってもおかしくないことになる。
真相を確かめるために再調査が必要な山である。

参照⇒笠岩

奥武蔵には、原市場の登戸(ノボット)をはじめ、いくつかノボットという地名があり、「坂道を登ったところ」というのが由来のようである。
登中にも、ムジナ峠を越える坂道があり、登りの途中だからトッチュウといったのも頷け、ノボットの親戚のような地名なのである。

参照⇒登戸


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。