スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮地山からセーメーバン

2016年12月12日(月)
林沢戸入口バス停~宮地山~セーメーバン~桜沢峠~葛籠峠~笹平~稚児落とし~サンコート大月前バス停

今日は、私を含めて5名で宮地山周辺の踏査をすることになりました。
最初は、大峠までタクシーまで行こうとしていたのですが、林道が冬期閉鎖になったようなので予定変更したのです。
平日はバス便が多く、猿橋から奈良子行きに乗って、林沢戸入口(はやしさわどいりぐち)バス停で下車します。
バスが引き返してくると、小学生が数人乗っていたので、スクールバス的な利用がされているようで、土休日運休というのも頷けます。

以前、大月市指定文化財第一号の宝鏡寺薬師堂(廃寺)から宮地山へ行ったことがありますが、裏に新しい林道ができており、周囲の様子が一変していて、びっくりしました。
残念ながら写真撮り忘れました。
そんなわけで、歩いたことのある薬師堂からの道では無く、用沢から登ることにします。
入口に道標の類はありませんが、意味深な石造物があるので、その道を入ると、なんと!
石畳じゃあ~りませんか!
昔ながらの道を歩けるのは、テンション上がりますね~。
古い土蔵なんかもあって、見応えのある集落です。
鹿柵扉が出て来たので、引き返そうかと思いましたが、相棒がそのまま進むので、ついて行きます。
橋を渡ってまた扉です。
尾根を回り込むところにまた扉があって、ここから登って行くようです。
整備された歩きやすい道で竹林の中を上がって行くと、墓地がありそこから先は道が細くなり、炭焼き窯跡を見るとますます道が細くなって、倒木?
いや倒竹か?
とにかく竹が倒れたのが出て来て、ちょっと怪しい感じになってきます。
ケーブルを見ると明るい尾根に乗って、後はそのまま尾根上を歩けば良い感じ。
雑木の雰囲気が良くて、なかなか良い尾根ですが、下りにとると道形が薄いので、迷うかもしれません。

右から巻道らしい道を合わせると、薬師堂経由チームと合流して登って行きますが、落ち葉が溜まる歩きにくい道でその上急登。
何度も足を滑らせ体力を消耗して行きます。
以前歩いた時は、こんなきつい登り二度とゴメンだ!
なんて思いながら登ったのですが、そんな苦痛を忘れてまた来てしまったのです。

s9370012.jpg
入口

s9370016.jpg
鹿柵扉

s9370024.jpg
炭焼き窯跡

s9370029.jpg
合流!

何度か休みながら登ってようやく急登が終わると、宮地山の肩とでもいうべき、山神平に着きます。
ここには、文字が摩滅して読みにくいですが、山神大権現があります。
傍らには、なぜか馬の置物がありますが、馬頭観音と勘違いして置かれたのでしょうか?

この山神大権現は、宮地山の由来に深く関わっていて、山麓一帯が神社領であったことから宮(神社)の土地になっている山という意味で、宮地山と名付けられたようです。
ですから宮路山の方は当て字のようです。

s9370032.jpg
馬頭観音ではありません!山神大権現です!

s9370033.jpg
宮地山(宮路山)

冷たい風が吹き抜ける宮地山を出ると、ショウジ峠となり、用沢からシロイハタへ抜ける峠道が越えておりますが、北側は歩けるかどうか不明です。
岩科本には、ショウジ坂とあります。
荒れて歩きにくい川沿いを歩くより、安定した峠越えの道が利用されていたようです。
幅の狭い道を小路といいますので、そこから峠名が出たようで、宮路山の当て字にも影響を与えたようです。

s9370037.jpg
ショウジ峠(ショウジ坂)

大垈山の東で2チームに分れて、南下します。
セーメーバンはカタカナだし、山名語尾が無い山なので、不思議な山名です。
岩科本には、安倍清明が村人のために水路を作ろうとしていたが鬼に騙されて憤死したという伝説があります。
安倍清明といえば、映画化もされた有名な陰陽師です。
京都からわざわざここまでやって来たのかどうか疑問が残ります。
水路の跡は、大垈山の窪地として残っているそうですが、私はまだ見たことがありません。
『奥秩父と大菩薩の山々 実業之日本社 P270』によると、「狭い場」が転訛したのではないかとしており、私もその説には納得です。
狭い場⇒センメーバ⇒セイメイバンというように転訛したと考えられます。
この説は浪漫に欠けているのですけどね。

s9370055.jpg
セーメーバン(清明盤)

桜沢峠、葛籠(トズラ)峠で分かれて、単独で踏査しますが、さすがに疲れてきましたよ。
葛籠峠は、その昔、浅利式部が鬼退治をして、その首を葛籠に入れて運びましたが、重くなって運べなくなり、葛籠を捨てたところが葛籠峠となったという伝説があります。

富士山景勝地で富士山を眺め、その先のピークから、急下降です。
プラ製階段がありますが、滑ったら崖に落ちてしまうので、想像するとえらい怖いです。
稚児落とし経由で車道に出ると、ちょうどバスが来るところで、大月駅で打ち上げに合流。

二次会のうづきは、駅前再開発の前に行ったことがありますが、夜もやっているとは知りませんでした。
隣の女性に話しかけられたりして家庭的な飲み屋です。
おでんと餃子がうまい。

s9370102.jpg
富士山景勝地からの眺め

s9370106.jpg
百蔵山と扇山

s9370107.jpg
急な下り

s9370141.jpg
大月駅前

s9370139.jpg

s9370140.jpg
いろり亭

s9370143.jpg

s9370144.jpg
うづき
関連記事
スポンサーサイト
183:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
184:
冬木立、枯葉の道は大変だったけど、情緒がありましたね。踏査に参加していただいた皆様にも感謝ですね。宮地山、セーメーバンの山名に就いて、なるほどなあと、改めて感服している次第です。また次回の西編踏査に参加したいです。今後ともよろしくお願いします。
185:Re: タイトルなし
おかげさまで、踏査がだいぶ進みましたよ。一人じゃ数日かかるところも、皆様で分担すれば一日なので、助かります。
安倍清明が掘ったという穴をいつか探してみたいです。
それにしてもあの辺は、良く鬼が出る場所だなあ。
山賊の住処があったのでしょうか。
踏査参加よろしくお願いいたします。
186:コメント欄に気づかなかった
ご無沙汰です。コメント欄に気づかなかったので、初のカキコです。宮地山ねぇ、薬師堂から登るとキツイよね。大岱山との間の峠越えの道は、私も気になったけど、確かめてない。あの方面に久しく行ってないから、大月駅前がきれいになったのも知らない。詳細図が出たら買うけど、眺めて想像するだけかも知れないな。
187:Re: コメント欄に気づかなかった
伊豆ヶ岳の販売イベントで会って以来でしょうかね。お久しぶりです。
駅前は、ロータリーになって、富士急の駅もきれいになったので、びっくりして、時の流れを感じてしまうかもしれません。
私も色々あって大月周辺から遠ざかっておりましたが、久しぶりに行くと、昔の記憶を確かめられて楽しかったです。
数年前の大雪による倒木がけっこう増えてて歩きにくくなっておりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。