スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松茸山(まつたけやま)

標高550m。 高麗川右岸、川越山の東にある山。飯能市。

s8880053.jpg
2015年5月20日(水)松茸山山頂

北のシャリクリ、南東の中平、南西の二ノ渡戸(にのわたど)の境界が交わる場所に山頂がある。
『ものがたり奥武蔵 P17』略図に見える山名で、かつては松茸が採れたらしい。
正丸から登って行くと、擁壁階段から雨乞山までかなりの急坂なので、下りは不向き、登りにとるのがおすすめ。
その後も東の岩場にぶつかってしまい冷や汗をかきながら山頂に立ったが、南にちゃんとした迂回路があったので、調べ直した。
踏査時には、よくあることである。
山頂は、枯れた松が横たわり、薮山の雰囲気が漂っていて、松茸も採れそうな場所。
南へ少し行くと展望が広がり、山頂から西へ進むと岩場になるので、これも北から迂回することになり、人を寄せ付けない雰囲気がこの山の魅力の一つになっている。

シャリクリは面白い地名だが、『飯能市史』によると、「砂利石の多いえぐられた場所」という意味だそうだ。
「お茶に栗を添えて山に行く人を接待したので、茶に栗といったと伝えている」という面白い話もあるが、後から付け足した話である可能性が高い。

s8880052.jpg
2015年5月20日(水)東の岩場

s8880058.jpg
2015年5月20日(水)西の岩場
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。