スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバケ山

s8420030.jpg
北川尾根500m圏峰・オバケ山山頂

s8420034.jpg
手製道標は510mとなっているが、地形図では500mまでしか読み取れない。



1436.立間 タツマ

仁手ノ久保、黒仁田などが近くにあり、狩場としての立間の名は場所にかなっている。
昔は大木ばかり(杉、桧、モミソなど)だった。
俗にオバケ山ともいわれた。

出典:『飯能市史 資料編 Ⅺ P159』

仁手ノ久保の仁手は黒仁田の仁田と同じくヌタ場のことで、猪が体表に付いているダニなどの寄生虫や汚れを落とすために泥を浴びる場所です。
猟師にとっては、絶好の猟場で、獲物が出て来るのを待つ場所のことをタツマと呼びます。
タツマは、立間、辰間などと当て字されることが多いです。

オバケ山というのは、忌み山のことで、各地でバケモノ山や位牌山とも呼ばれており、かつては滅多に人が近づかない場所でした。
ここのオバケ山には、どういう醜聞があったのかは、わかりません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。