スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刈場坂山(かばさかやま)

標高879.1m・三等三角点 点名:正丸。高麗川源頭、刈場坂峠の東にある山。飯能市・ときがわ町。

ここが刈場坂峠でこの峠の三角点、標石(879.1m)のある突起を刈場坂峠ノ頭と呼び、又吾野村の人達はつつじ山とも云っているそうである。



『奥武蔵 ハイキング・ペンクラブ著 P123』

今まで外秩父と総称されていたこの峠道一帯を奥武蔵高原と名付け、無名の草刈場の入会地を、草刈場へ登る坂の意味から刈場坂峠と呼ばせ、さらに高原での最高峰の三角点879mをつつじ山と命名しました。


『ものがたり奥武蔵 P182』

苅場坂(カリバサカ) カバサカ

岩茸石の西、飯能市の西北端になる。
北東に苅場坂峠があり西すれば秩父にでる。
カリバは猟の狩場、柴草などの苅場など、いろいろに受け取れるが、文字の上からも地形からもカリ(苅)畑、カリウ(苅生)畑といわれる焼畑であろう。



『飯能市史 資料編 Ⅺ P163』

s8880165.jpg
2015年5月20日(水)879.1m三角点峰・刈場坂山山頂

s8880166.jpg
2015年5月20日(水)山頂からの展望

南西が岩茸石で南東が二ツ岩の小字となっていて、苅場坂は、刈場坂峠の南西一帯で、刈場坂山には接していない。
昭和初期に武蔵野電車が観光開発で刈場坂峠北側にスキー場を作り、その時、刈場坂峠とツツジ山の名が生れたようだが、どちらも字名があるので、これを参照して名付けたようだ。
879.1m三角点峰には、ツツジ山の標示があるが、これは間違いとの意見が数多く聞かれ、それに従い、『奥武蔵 ハイキング・ペンクラブ著』の資料を元に、地図では刈場坂山(刈場坂峠ノ頭)と表記した。
宮内氏も『ハイキング 81号 P8』で刈場坂峠ノ頭と呼んでいる。

また横見山(二子山)は、『奥武蔵 ハイキング・ペンクラブ著 P120』に「刈場坂峠の西に二つ頭を持った山」とあり、現地を訪れて調査検証した結果、同書が正しいことがわかったのでそれに従って刈場坂峠の西の860m圏峰を横見山と表記した。
参照⇒横見山
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。