スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第80回所沢古本まつり

sDSCF6045.jpg

待ちに待った~!
というわけでもありませんが、古本まつりの季節がやってきました~!

80回という節目の開催と2016年最後ということで、気合いを入れて、オープン前に行くことに。
寝坊しましたが、10時に家を出ても早すぎるくらい早く所沢駅に到着。
吉牛で、豚丼350円を食してから、いざ決戦場へ~!

10:55
駅前に出たら、びっくりくり~w(☆o◎)w
ものすごい行列ができており、並ぶのをためらってしまいます。
人込みはもちろん、行列も苦手です。

11:05
遠目で観察していると、列が前に進みだしたので、おそるおそる近づきます。
するとほとんど人が1階の50円均一コーナーに殺到。
やすやすとエレベーターに乗れました。

sDSCF6044.jpg
ものすごい行列

今回の特集は、映画、音楽、芸能ということで、映画のパンフやレコード、芸能雑誌などが特集コーナーに置かれております。
旅行とか自然特集なら、山岳古書が並ぶんですけど、さすがに芸能関係じゃ山岳古書は並びませんね。
1時間半かけて、総額4482円遣いました。
なんか目が疲れたなあ。

sDSCF6046.jpg


志賀高原 マウンテンガイドブックシリーズ 4 朋文堂』定価130円 価格200円 昭和33年5月1日初版発行

この本は、昭和35年3月10日三版発行で、著者は田中勝経氏。
ハイキングガイドというより、スキー場や温泉の紹介が多く、巻末に付属の地図があります。
マウンテンガイドブックシリーズの箱根・伊豆が800円だったので、200円という値段はかなりの破格なので、迷わず購入。

美ヶ原高原 マウンテンガイドブックシリーズ 14 朋文堂』定価100円 価格200円 昭和30年5月25日初版発行

この本は、昭和32年7月10日七版発行ですから、志賀高原よりも倍以上売れたようですね。
著者は、桜庭留三郎氏・斉藤守氏。
上記志賀高原と共に並んでいたので、価格も200円と激安だったので迷わず購入。
マウンテンガイドブックシリーズ 8の奥武蔵を持っていないので、欲しいんだけど、なかなか出回らないようで、見かけたことがありません。

檜原・歴史と伝説 小泉輝三郎 著 武蔵野郷土史刊行会』定価1000円 価格1500円 昭和54年3月31日初版発行

不運の姫、松姫や横地監物について書かれており、購入しました。
これによると、横地監物は、檜原城から小河内峠へ逃れて自刃したとあり、いつか逃走経路をたどってみたいものです。
見取図がいくつかあって、知らない名所も書いてあり、思わず出かけたくなります。
檜原関係の書籍は、色々買ってあり、この本はダブリかな?
と恐る恐る本棚を見てみたら、瓜生さんの本が3冊ありましたが、この本はまだ購入していなかったようで一安心です。
定価より、500円高いなあと思ったら、日本の古本屋で1500円のがいくつかあり、中には3000円の値がついているものもあります。
1000円のが一冊だけあり、これは安いですね。

多摩の地名 保坂芳春 著 武蔵野郷土史刊行会』定価1200円 価格800円 昭和54年12月20日初版発行

極指、恩方、案下などの地名の由来が書かれていたので購入。
それによると案下は、アイヌ語のPanget-Pet(川の下)のP音が省略されてアンゲとなったといいいます。
関東の地名で、アイヌ語説を唱えるのも珍しいことですが、私は理にかなっていると思います。

古地名と日本民族 畑中友次 著 創元社』定価320円 価格500円 昭和35年7月20日初版発行

地名から日本民族が様々な民族から成り立っていることを証明しています。
これこそが、日本の地名が難解と言われる理由の一つなのです。

岳人 1970年9月号』定価200円 価格200円 昭和45年9月1日発行

特集が奥秩父であり、原全教氏が寄稿しているので、迷わず購入。
その他、四つの『雁ヶ腹摺』で岩科小一郎氏が、妖影で真鍋健一氏が寄稿しており、これは買わないわけにいかない。
面白いのは、登山地最新情報で、今は無き獅子口小屋について書かれてあり、素泊500円二食付1100円などとあり、日ノ出山や三頭山のように登山道を階段に整備するのはやめて欲しいとのことが書いてあるが、どこの登山道のことだろう?

昭和30年5月25日発行の『奥多摩 山と渓谷社』で石尾根と略して書かれたのは誤りであるとして抗議しています。
今日ではすっかり定着している石尾根の名称もかつては紆余曲折があったようです。

調べてみると、確かにP88に石尾根とあり、宮内本に石尾根の名が見当たらないので、『奥多摩 山と渓谷社』が石尾根の名付け親というか真犯人のようです。

七ツ石尾根が略されて、石尾根になったと思っておりましたが、山と渓谷社のガイドブックがきっかけだとは初めて知りました。

岳人 8月号136号』定価100円 価格200円 昭和34年8月1日発行

南アルプス特集なので購入。

岳人 8月号160号』定価120円 価格250円 昭和36年8月1日発行

甲斐駒周辺特集なので購入。
関連記事
スポンサーサイト
182:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。