スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿鳴ノ滝紅葉!

2016年11月5日(土)
ハマイバ前バス停~日向部(ひなたべ)・桑西駐車場~桑西林道~鹿鳴(ろくめい)ノ滝~1525m点~ハマイバ丸~往路を戻る~ハマイバ前バス停

静かな山歩きを求めて、紅葉していると思われる鹿鳴ノ滝へ行くことにしました。
以前、歩いた時は、夏の花が咲き乱れている最中でしたが、あれから数年、どう変わっているのでしょうか。

ハマイバ前バス停から車道を歩くこと50分。
日向部のテニスコートに着きました~。
って駐車場になってるじゃないですか~。
市営桑西テニスコートの道標が寂しいです。
考えてみれば、なぜこんな山奥にテニスコートが必要なのか疑問もありましたが、やはり閉鎖になりましたか。
桑西林道を入って行きますよ~。
林道終点に着くと、以前とは違う光景にびっくりです。
なんと作業道が延びているじゃあ~りませんか!
しかも、重機があって、できたてホヤホヤの感じです。

s9340047.jpg
日向部のテニスコート跡から桑西林道へ

s9340057.jpg
林道終点から新たな作業道が…

作業道は、砂利が丁寧に敷き詰められ、平らにならされております。
この後舗装するのでしょうか?
どこへ行くのかわからない作業道に怯えつつ、進んで行くと、やがて終点になってそこから山道になっており、ホッとしました。

s9340059.jpg
作業道終点から山道

でも、この辺りの記憶は、ほとんどないので、半信半疑です。
やっぱり道を間違え炭焼き窯跡で行き止まり、引き返すと下へ下る道を発見です。
手製道標が出て来ますがこれも見覚えが無く、無視して進んだら確かに崩壊しており進めなくなりました。
すみません、ちゃんと指示に従っていれば良かったです。
でも、巻道が良くわからないので、白看板の裏から高巻いてトラバースします。
降り口に苦労しましたが、緩い斜面を見つけてそこから沢べりへ下ります。

s9340068.jpg
手製道標

s9340070.jpg
崩壊地点

ピンクテープがやたらとあって、どうやら巻道のようです。
しっかり調べておかないといけません。
戻って見ると、かなりの大回りですよ。
手製道標からだと、やや下流へ戻る感じで沢べりに下るのですね。
これはちょっと難しかったなあ。
右岸へ渡ってから左岸へ戻る感じですが、徒渉に多少てこずります。

巻道探索にけっこう時間がかかってしまいました。
トタン板の散らばる場所を過ぎると、沢沿いの道はわかりにくく、ルートファインディングに時間がかかります。

s9340078.jpg
まだ緑が多いジョーロザス沢沿いを進む

鹿鳴ノ滝が近くなると、紅葉が出て来て感激!
左俣にある滝を見に行ってみましたが、日当たりが悪くて、地味な印象なのが残念

s9340094.jpg
鹿鳴ノ滝下段の小滝

s9340101.jpg
左俣にある滝

鹿鳴ノ滝は、明るく開放的ですが、もうちょっと色が欲しいですね~。
でも、奥にある紅葉が秋らしくて良いですね~。

s9340103.jpg
鹿鳴ノ滝

なんか赤テープが増えてますよ~。
右へトラバースして上がった後、左のトラバース道にも赤テープがあって、行ってみると途中でわからなくなり、尾根に戻りました。
踏み跡が途中で横切ったので、先ほどのルートのようです。

そのうち、前も後ろも紅葉がすごくなって来て、首が痛くなるほど…。
まさかこれほどとは予想外です。

s9340107.jpg

s9340110.jpg

s9340119.jpg

s9340114.jpg

s9340125.jpg
紅葉だらけ~

GPSを頼りに、スズタケの縁をたどって1525m点へ行ってみます。
いや~すごい紅葉ですよ~。
ピークでは無く、鞍部の辺りが1525m点でした。
この周囲の紅葉もすごい…。

この先の急登は、記憶にありますので、リュックをデポして登ります。
仕事の疲れが出てきついです。
往路を戻る事情も出て来たし。

右側が崩壊しているので、寄り過ぎないよう注意です。
特に積雪時は、庇を踏み抜いてしまう恐れがあります。

s9340126.jpg


s9340128.jpg


s9340131.jpg
1525m点

s9340134.jpg
急な登りが始まる

s9340137.jpg
雁ヶ腹摺山が見えてちょっと一息

踏み跡や赤テープがありますが、とにかくものすごい急登です。
ここを下るのやだな~。

左に草地が見えると、以前はそこから出たような気がしますがその上で、縦走路に出ました。
ハマイバ丸からの富士山はちょっと薄くなっており、時計を見たら13時ですよ。
こりゃあ時間かかり過ぎだあ。
紅葉狩りに時間をとられましたね。

s9340150.jpg
以前とは違うここに出た

s9340148.jpg
ハマイバ丸からの富士山

s9340163.jpg


s9340165.jpg
1525mをパスして本来の尾根を下るとここも紅葉がすごかった

登って来た尾根をまた下るのもつまらないので、南東へ向かう踏み跡をたどってみます。
窪地でワイヤーを見ると、スズタケの薮ですが、ちゃんと踏み跡があります。
広場に出ると、あやふやになりますが、ここも紅葉が見事。
酒瓶を見て、その右から下ると、トラバース道らしきものを発見。
スズタケの薮をかき分けつつ西へトラバースします。
こういうことができるのもGPSのおかげですね~。
登りで使った尾根に合流すると、スズタケの薮から解放されますが、振り返っても入口がわかりません。
さらに進むと、尾根道に合流し、登りで発見した踏み跡と判明。
直登ルートとは別に、大きくジグザグを切っている女坂もあったのですね~。

s9340170.jpg
尾根を外れて踏み跡をたどって行くと?

s9340171.jpg
スズタケの薮

s9340174.jpg
紅葉の広場に出る

s9340176.jpg
酒瓶が落ちている

s9340177.jpg
スズタケのトラバース道を振り返るが、わかりにくい

鹿鳴ノ滝をまた見ますがすっかり日が傾いて、薄暗くなっており、急ぎます。
ハマイバ前バス停に着くと、15:50で土休日は16:25が無いので、17:15まで待ちました。
中央高速が大月~調布まで渋滞しているらしく、それを避ける車で国道も渋滞。
大月には、20分ほど遅れて到着し、乗る予定だった電車には乗れませんでした~。( iдi )
鹿鳴ノ滝は、近々また行く予定です。

明日は、桜井峠~コマクロ峠を歩きますよ~。
関連記事
スポンサーサイト
179:
紅葉がいっぱいでうらやましい山行でしたね!いいなぁ~
地図ができたらこんなに人のいない山にも人が入りますね。
180:Re: タイトルなし
自分もこれほどの紅葉が拝めるとは思いもしませんでしたよ~。
ハマイバ前で下車したのは私だけで、静かな紅葉狩りが堪能できました。
こういう場所をもっと探してみたいですね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。