スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎秀山(こしゅうやま)

標高320.4m・四等三角点 点名:井上。 高麗川左岸、橋本山の西にある山。飯能市。

s8530001.jpg
2015年3月23日(月) 東吾野駅からの虎秀山、中央奥。

北東が旧虎秀村 分木(ぶんぎ)で、南東が旧井上村 青木に属している。
飯能市史によると、分木とは旧虎秀村と旧井上村の境界にある標木のこと。
分木から青木への山道は「青木おっ越(ご)し」の名があるという。

虎秀 コシュウ

小名:市場、中組、新田、間野。

東は平戸、西が井上、南は高麗川で対岸平戸、北は山を境に入間郡毛呂山町。

寛文検地帳に虎秀村とあり、字(あざ)にはそれらしい地名を見ないが、慶検の字にある「こしやう」が旧名のようである。
1貫600文ほどのうち1貫300文位つまり大半が田で、田中、橋本、中居、沢口、落合など慶検に見られないから、こしやうはこの範囲内にあったかと思われる。
小名は現在も自治会名になっている。

こしやうは古松でもあったか。



『飯能市史 資料編 Ⅺ P92』

飯能市史は、虎秀の由来を「こしやう」の転としているが、「古松でもあったか」と、曖昧な結論で終っている。
古松は当て字からの推測であり、的を得ていない。

アイヌ語だと、カー(罠)・ウシ(いつもしかける)の転、もしくは。カシ(狩小屋)・ウン(ある)の転、クシ(川を渡る)であろうか、他に古朝鮮語も考えられる。
この暗号解読は、かなり難しいので、今後の研究課題である。

s8510059.jpg
2015年3月21日(土)虎秀山山頂

s8510060.jpg
2015年3月21日(土)虎秀山山名標
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。