スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨乞い塚(あまごいづか)

標高574m。 高麗川左岸、越上山の西にある山。飯能市・越生町。

別名:顔振峠展望台・顔振峠見晴台

顔振峠に来たハイカーが往復して行く山頂で、北西~北~北東の眺め良く、大高取山などが見える。
1980年代後半に建てられたと思われる奥武蔵でお馴染みの奥武蔵観光連盟の大きな山名標には、顔振峠見晴台と書いてあり、雨乞い塚の名はない。
2001年に登った時までこの山名標が確認できていたが、2015年の踏査時には撤去されていて存在していなかった。
いつ頃撤去されたのだろうか?
代わりに、雨乞い塚という鉄板の山名標が設置されており、小さな文字で顔振峠展望台と書いてある。

雨乞い塚というのは、越辺川源流の龍ノ淵(岩屋ノ滝の滝壺)で雨乞いが行われて、淵の水を汲んで山頂で撒いて雨乞いを祈願したと『ものがたり奥武蔵 P109』にあるが、その山頂とは越上山のことらしい。
越辺川源流分岐で右へ行けば雨乞い塚(顔振峠見晴台)で左へ行けば越上山なので、右へ行って雨乞いをしたこともあったのかもしれない。
その証拠に、古い石祠が雨乞い塚(顔振峠見晴台)にある。
最近設置された山名標は、古くからの名称を尊重して雨乞い塚と大きく書いてあるので、登山詳細図もそれにならって、顔振峠見晴台と表記せず、雨乞い塚と表記した。
山頂の南西から下れば、車道を通らずに諏訪神社へ行けて便利。
逆コースの場合は、一丁目石標から北に入るのがコツである。

sFH020025.jpg
1990年4月15日(日)雨乞い塚(顔振峠見晴台)山頂

sFH020026.jpg
1990年4月15日(日)顔振峠見晴台から上大満方面、右は大高取山

sFH030034.jpg
1997年10月4日(土)雨乞い塚(顔振峠見晴台)山頂

sFH030035.jpg
1997年10月4日(土)雨乞い塚(顔振峠見晴台)からの関八州見晴台、手前は大峰

sFH030006.jpg
2001年6月30日(土)雨乞い塚(顔振峠見晴台)山頂

s8200053.jpg
2015年2月1日(日)雨乞い塚(顔振峠見晴台)山頂

s8200056.jpg
2015年2月1日(日)雨乞い塚山名標

s8200055.jpg
2015年2月1日(日)石祠

s8200057.jpg
2015年2月1日(日)基準点

s8200058.jpg
2015年2月1日(日)顔振峠見晴台からの大高取山と鼻曲山(左)

s8200059.jpg
2015年2月1日(日)顔振峠見晴台からの大高取山

s8200060.jpg
2015年2月1日(日)顔振峠見晴台からの関八州見晴台

s8200061.jpg
2015年2月1日(日)顔振峠見晴台からの外秩父方面

s8600206.jpg
2015年3月30日(月)雨乞い塚(顔振峠見晴台)山頂

s8600207.jpg
2015年3月30日(月)諏訪神社方面(車道を歩かず山道で行ける)

s8600208.jpg
2015年3月30日(月)手製道標

s8600209.jpg
2015年3月30日(月)手製道標
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。