スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバケ山(おばけやま)

標高500m 北川左岸、北川尾根にある山。飯能市。

旧北川村に属し、北西が大林(おおばやし)、南東が立間(たつま)の境界になっている。

立間 タツマ
仁手ノ久保、黒仁田などが近くにあり、狩場としての立間の名は場所にかなっている。
昔は大木ばかり(杉、桧、モミソなど)だった。
俗にオバケ山ともいわれた。



『飯能市史 資料編 Ⅺ P159』

飯能市史に書いてある立間のピークは500m圏峰である。
オバケ山と言われたのも数十年前のことのようで、今は二次林が育ちつつあり、オバケが出そうな雰囲気は無い。
ただ、山頂にオバケ山の由来となったと思われる、標木の大きな切株があり、ここがオバケ山であると伝えている。

前坂峠~町屋敷の峠道は倒木が激しく、峠道の脇でないと歩けないが、高畑で出会った男性によると、「あ~その倒木は数十年前に、俺が切った木だ」と苦笑しながら話してくれた。
オバケ山周辺も確かに鬱蒼としていたらしい。

前坂峠~町屋敷の峠道は、麓近くで民家の中を通ることになり、このことについても尋ねてみたが、歩いても支障はないとのことだった。
許可もいただいているが、念のため民家を避ける不動明王経由のルートを設定した。

s8420033.jpg
2015年3月8日(日)オバケ山山頂(500m圏峰)

sDSCF9517.jpg
2015年12月5日(土)オバケ山山頂(500m圏峰)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。