スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天久保山(てんくぼやま)

標高403.5m・三等三角点 点名:坂元。 高麗川左岸にある山。飯能市。

南西の旧坂元村 細久保(飛地)、北の旧北川村 間野向、南東の旧北川村 柿沢の境界が交わる山頂。

次の突起をひとつ越した780mの閉塞曲線が、カンナタテである。
カンナタテから高畑と柏木の部落の間へ引く尾根を北川尾根という。
この尾根は途中小指という畑地を過ぎて大師様(前坂峠)と呼ばれる峠となる。
そして最後に秋葉山(450m)となって間野に終わる。
その南の三角点を有する突起が天久保山である。



『ハイキング 81号 奥武蔵高原 宮内敏雄 P9』

天は頂上や山頂という意味で、久保は秩父地方で山頂を意味するクボに当て字されたもの。
よって、天久保山を意訳すると山山山ということになる。
おそらく、クボ山に天という美称が付加されたか、風木クボのように天クボだったものに、山名語尾の山を付けられたのだろう。

山頂付近は、作業道が錯綜しており、わかりにくい。
歩きやすいからと作業道を歩いていると、別の場所に出てしまうこともある。
北川道路開墾記念碑へ出る手前は、伐採で荒れ果ててしまっているので、早く取り除いて欲しいものだ。
記念碑へ行かずにそのまま尾根上を南下するルートもあるようなので、次版発行までに踏査の必要がある。

s8950035.jpg
2015年5月29日(金)天久保山山頂

s8950036.jpg
2015年5月29日(金)天久保山山名標

s8950037.jpg
2015年5月29日(金)三角点
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。