スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本陣山(ほんじんやま)

標高442m 高麗川右岸にある山。飯能市。

坂元 本陣平 ホンジンダイラ
南川 本陣沢、本陣

本陣平は岩花の北方約1kmにあり、山崎向の北になる。
この西に本陣あるいは本陣沢もあり本陣は砦の跡だという伝えが土地にある。

南川にも、坂元にも往古岡部六弥太忠澄が領したと『風土記稿』にあり南北朝頃は岡部氏の一流が居ったのは確からしいが、なお不分明な点も多い。



『飯能市史 資料編 Ⅺ P156』

本陣山の西が南川、東が坂元である。
西の南川のうち南西が本陣沢で、北西が本陣。
東の坂元のうち南東が森坂で東が山崎向、北東が本陣平となっており、五つの小名の境界となっている山である。

独立峰なので、砦が築かれたのも納得できるほど展望が良さそうなのだが、山頂は植林に覆われ展望が無い。
山頂の手前のアンテナのある切開きから東方を見ることができるくらいである。
鎌倉~南北朝の頃は、地形をたくみに利用した砦が多く、本陣山も三方を久通川と高麗川に囲まれている場所に砦が築かれたようだ。

西吾野駅を下車すると、まず最初に目に入る山がこの本陣山で、山容も山らしいどっしりとした安定感のある山容であり、パノラマコースからも本陣山が良く見える。

s8130005.jpg
2015年1月18日(日)西吾野駅前から見る本陣山

s8130017.jpg
2015年1月18日(日)本陣山山頂

s8130018.jpg
2015年1月18日(日)本陣山山名標

s8240013.jpg
2015年2月7日(土)パノラマコースからの本陣山

s8240014.jpg
2015年2月7日(土)パノラマコースからの本陣山(拡大)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。