スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下茶屋から本社ヶ丸 2016.06.26(日)

s9220001.jpg
富士山駅からの富士山

日勤明けの日曜日、仕事の疲れが抜けておりませんが、踏査へ行ってまいりました~。
天下茶屋までバスで上がり、楽をしてしまいました。

他の乗客は、三つ峠登山口で下車して、終点で下車したのは私だけ。
ここに来るのもほんとに久しぶりです。
トンネルの上へ上がって、縦走路に出たら八丁山へ向かいます。
この辺りも、自然林が素晴らしいですね。

旧藤野木八丁峠はどこかな~?
と薄れた記憶を頼りに歩くと、なんとか見つけ出せました。
灌木があってわかりにくいですけど、道形が残っていて安心しました。
何も標示が無いので、わかりにくいですがここが元祖というか元々の藤野木八丁峠です。

s9220003.jpg
天下茶屋

s9220024.jpg
旧藤野木八丁峠

送電線鉄塔に出ると、八丁峠の標示があり、新藤野木八丁峠です。
ここは昔からの峠ではなく、送電線鉄塔が建てられ、新たに作られた巡視路が越えている峠っぽい場所です。
なので、新藤野木八丁峠です。

ここから巡視路を下ると、左に折れるところで、右から旧藤野木八丁峠から来ている旧道が合流します。
この道は、二箇所で崩壊しているので、現在は歩けません。廃道です。
以前、歩いたことがあるのですが、今も歩けるかどうか…。
どうしても廃道に興味が行ってしまいますね~。
この道、意外と展望がいいので侮れません。
仮設橋は記憶にありません。
二俣のやや上をトラバースするところが少しわかりにくいですかね。
対岸に踏み跡が見えているので、それを目がけて行けば行けます。
笹の尾根に乗ると、見廻り道は更にトラバースしているのですが、猛烈な薮です。
前回は、この薮に阻まれてここまでたどり着けなかったのですよ!
ここからは、見廻り道を外れて、新たに作られた巡視路を下って、清八林道に出ます。
この巡視路は、見廻り道の一部を整備して作られた道なんですよね。

s9220031.jpg
仮設橋

s9220033.jpg
見廻り道入口

s9220036.jpg
大幡山、茶臼山、水雲山、御巣鷹山

新藤野木八丁峠へ戻って、尾根上を進みます。
この前、やむを得ず登った薮尾根が合流。
うっすらと踏み跡がありますよ。

八丁山を越えて、三ツ峠山からの道に出たら清八山には行きません。
以前踏査済なので、今回は清八山巻道を進んでみたいと思います。
清八峠の道標に「この先危険」とある道です。

以前は、清八峠から大幡山方面へ歩いたことがありますが、今回は逆から行ってみることにします。
最初の崖は、踏み跡が高巻いているので、難なくクリア。
次の崩壊地その1がやっかいでした。
頼みのロープが倒木で逆への字になっていて、ほとんど使えません。
足場の悪いところを慎重に下って、崩壊地を通過。
上を見ると今にも落ちそうな倒木が横たわっております。
ここはかなり危険です。

s9220053.jpg
崩壊地その1

二つ目の崩壊地は、ロープをたどってなんとか行けますが、その後の倒木の下を回り込んで上に上がるところがやっかいです。

s9220054.jpg
崩壊地その2

s9220055.jpg
廃道化が進む巻道

どうにか、二箇所の難所をクリアして、清八峠に着きましたが、道標にある通り、危険!でした。

清八峠からは本社ヶ丸へ~。
いや~ここを歩くのも、ほんとに何年ぶりかしら~?
造り岩の辺りって、鳳凰三山を歩いているような気分になります。
展望がいいからでしょうね。
本社ヶ丸までは意外と距離があったんですね。

s9220061.jpg
岩場

s9220071.jpg
アルペンムードが漂う

s9220074.jpg
ミニ梯子

s9220077.jpg
本社ヶ丸山頂

石切山山頂は、丸みを帯びていて山名標も無いのでわかりにくいです。
送電線鉄塔手前は、草原状でほんとにいつ来ても気持ちがええところ。
コブの上で大休止~。

角研山は新しい山名標が建っていてびっくり。
ここから笹子駅へ下ります。
送電線鉄塔を過ぎた辺りは以前、伐採後の薮で体が傷だらけになったのですが、それも今は昔。
植林がすっかり育っており、時の流れを感じてしまいます。
あの時、ひざ下だった苗木がもうかなりの高さですよ。

黄標柱の分岐も、当時はわかりにくく、半信半疑で薮をかき分けつつ進みました。
林道が見えたと思ったら、降り口が崖で、木につかまってズルズル滑りながら下ったのですが、今はちゃんとジグザグの良い踏み跡が付いていてびっくりです。
いや~ほんとに歩きやすくなりましたね。
今となっては、薮こぎしたのが懐かしく、ちょっと寂しいです。

s9220084.jpg
石切山山頂

s9220091.jpg
送電線鉄塔手前は気持ちがいい

s9220099.jpg
角研山山頂

s9220104.jpg
初めて来た時は伐採地だった左側

s9220109.jpg
以前は迷った場所も明瞭に

s9220111.jpg
林道の降り口、以前は崖で大変だったのも嘘のよう

庭洞山には、黄テープに庭洞丸と書かれていたのですが、山名標無いみたいですね。
岩科本には、庭洞山とあります。

s9220115.jpg
庭洞山(庭洞丸)

というわけで、久しぶりの本社ヶ丸は、かなり変わっていて、驚きました~。
関連記事
スポンサーサイト
159:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。