スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高反山(たかそりやま)

標高532m 栃屋谷川右岸にある山。飯能市。

大高沢入 オオタカサワイリ
小高沢入 コダカザワイリ

鏡岩の東北の深い山中。
沢道を境に広い方が大高沢入、狭い方が小高沢入になっている。
坂石 高沢入出口が沢の口にあり、地形から坂石とか坂元分となるべき場所だから、所属については謂れががあるのだろう。



『飯能市史 資料編 Ⅺ P139』

スルギ尾根の縦走コースから外れた南東に張り出した枝尾根にある山で、訪れる人は少ない。
ソリとは、焼畑のことで、高地にある焼畑が由来になる。

もう一つ考えられる由来として、タカソリは、タカサワイリが訛ったもので、ソリに反の字が当て字され、高反山となった。
南側が古玉(コダマ)、北側が寒場(カンバ)久保と呼ばれ、古玉は蚕玉(コダマ)で、寒場は神場のこと。
高反山付近に、蚕玉様を祀った祠があったらしく、古くは信仰の山だったようだ。
古道も縦横に走っており、大棚集落跡にも繋がっていたようなので、いつか再調査したい。

s8160063.jpg
2015年1月25日(日)高反山山頂

s8160064.jpg
2015年1月25日(日)高反山山名標

s8160065.jpg
2015年1月25日(日)高反山山名標

s8670091.jpg
2015年4月18日(土)高反山山頂
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。