スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テシロー

標高483m 樫久保入右岸にある山。飯能市。

『ものがたり奥武蔵 P33』の略図にある山。
飯能市史によると、西の加屋須と東の大沢入の間にある山で、加屋須の山中に屋号枝久保の民家があったそうだ。

辞典を調べると、「タシロの転、または麻に撚りをかけて糸にする櫛形の道具をテシロといい、この櫛形の道具に似た形による地名」とあり、山名由来はテシロという櫛形の道具に似た山容からきているようだ。
おそらく、『ものがたり奥武蔵』の著者が地元で採取した山名であろう。
平坂飛村林道の赤テープから入ると、展望の良い場所があり、西側の眺めが広がる。
踏み跡は明瞭だが、483m峰には山名標も無く、知らずに通り過ぎてしまうかもしれない。
下って行くと栃屋谷と飛(ひ)村を結ぶ峠道が交わる長久保坂に出る。
テシローから南沢山へ続く尾根は、スルギ尾根から分岐する枝尾根であるが、長い枝尾根であり、樫久保入と中藤川の出合で終っていて、通して歩くのも面白そうだ。

s8670034.jpg
2015年4月18日(土)テシロー483m峰
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。