スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝鉱山から巡視路 2016.06.14(火)

土日は晴れてましたが、仕事でした~。
日勤がようやく終わり、踏査へ出かけます。

平日のみ運行している、都留市発9:40のバスで宝鉱山へ。
運転手さんに、呼び止められ、崖崩れが向かいの山であったので注意するようにとのこと。
地図を見ると、崖マークがいっぱいある尾根です。

北口登山道入口を過ぎて林道を進み、終点から山道へ入り、沢を渡る手前で石の上に足をかけたら滑って転倒してしまいました。
濡れた石は滑りやすいですね。
木橋も濡れていて怖い怖い。
右へ大幡八丁峠への道を分けますが、以前歩いた時は、廃道状態でした。
整備されたのでしょうか?
巡視路ルートは、沢沿いを行きますが、わかりにくいところが数箇所あります。
ゆっくりと良く確認しながら歩き、尾根に乗れば踏み跡が明瞭になります。

s9210025.jpg
現地案内図にある「カシヤ穴」

s9210039.jpg
大幡川源流は、深山幽谷

s9210056.jpg
傾いた木橋

s9210060.jpg
神秘的な水雲山

都留線22号で三ツ峠山への道と交差。
ここから西に下る巡視路へ。
右を注意していると、作業道があり、なかなか眺めの良い巻道です。
清八林道と合流するところは、チェーンがあり、近くの看板によると車両進入禁止となっておりますが、歩行者は通れるようです。

s9210071.jpg
作業道を進む

s9210074.jpg
清八林道に合流

地形図破線路の見廻り道へと入りますが、入口がわかりにくく、道事態も廃道状態です。
以前はなんとか歩けたのですが、大雪で倒木が多くなり、更に荒れて歩行不能になっておりました。
しかも涸れ沢がV字に切れ込んでおり渡れず、その後踏み跡ロスト。
けっこうヤバイ状態に陥りました。

植林の作業道やら獣道やらが錯綜しており、どれも途中で途切れます。
あわやプチ遭難?
やむなく、尾根を直登することにして、最後は灌木の藪をくぐり抜けて、登山道に合流。
1580m峰八丁山の南に出たようです。( ´ー`)フゥー

いつか天下茶屋から縦走した時に、西側から攻めてみたいと思います。
確か良い道があったはずなんですが~。

s9210082.jpg
廃道状態の見廻り道

s9210091.jpg
幻想的な1531m峰

それにしても、この辺りは山深い雰囲気で、良いですね~。
見廻り道のロスが響き、大沢山に行くのは諦め、巡視路から下ることにしました~。
女坂峠の踏査もあるし、大沢山はまたの機会です。

s9210095.jpg
予定変更して巡視路経由で笹子駅へ

巡視路は、急ですが、ジグザグの良い道です。
以前は尾根上を薮漕ぎしたことがありますが、巡視路経由の方が歩きやすいですね。
鹿がピィーーーーー!と鳴きました。

作業道に出ますが、逆コースだとかなり入口がわかりにくいです。
黄標柱も立っていないんですよ。
これじゃあ、入るのはちょっと不安ですね。

s9210105.jpg
巡視路入口(目印が無くかなりわかりにくい)

雨が降って来たし空腹を我慢できず、以前から気になっていた大衆食堂しらかばへ。
いなせなあんちゃんが切り盛りしていて、お水はセルフサービス。
時間が遅いと日替わりは売り切れだそうです。

煮カツがあったのでそれを注文。
衣にしみしみのカツがうま~い!
大根の味噌汁もうまい。

s9210108.jpg
大衆食堂しらかば

s9210110.jpg
山小屋みたいな内装、柱は白樺

s9210113.jpg


s9210114.jpg
煮カツ定食 880円

また今度行く機会があれば、色々お話ししてみたいですね~。

笹子駅で18:44の電車になんとか乗れました。
この時期はけっこう遅くまで明るいですね。

次回は、6月21日、宝鉱山~石切山~笹子駅と歩く予定です。
関連記事
スポンサーサイト
158:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。