スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜山から大棚ノ滝 2016.06.02(木)

新倉山分岐ピークまで戻って、ロープのある急坂を下ります。
二度目なのでだいぶ慣れてきましたよ。
下り切ると左に展望があり、先ほど登った巡視路の送電線鉄塔が見えております。
下りはあっちゅうまやな~。

指導標のある大棚ノ滝分岐で右の薄暗い植林を下ります。

s9180129.jpg
天竜南線107号

s9180130.jpg
天竜南線108号

s9180131.jpg
大棚ノ滝分岐

ジグザグを繰り返して、大棚ノ滝入口となり、指導標には、行き止まりと書いてあります。
ザックをデポして行ってみましょう。
ロープの張られたトラバース道は、高所恐怖症の私にはコワ~。
落ちたら沢まで止まらないでしょう。
大棚ノ滝鑑瀑台に着きますが、樹林の葉で良く見えません。
更に下るとここにもロープがあり、怖いです。
右俣に下り着くと、小棚ノ滝がありますが、水量が少なくチョロチョロ滝です。
さらに崩壊気味の道を進むと、尾根を乗り越え、やっかいな倒木を越えると、左俣の大棚ノ滝に到着。

s9180137.jpg
ロープのある急坂

s9180140.jpg
大棚ノ滝入口


s9180141.jpg
ロープのあるトラバース道

s9180142.jpg
大棚ノ滝鑑瀑台

s9180148.jpg
小棚ノ滝

s9180146.jpg
大棚ノ滝

入口まで戻って、入山川大堰堤を目指しますが、崩壊した道があります。
左は長い梯子で折れ曲がっており、怖くて下れません。
右の迂回路はロープが張ってありますが、崩壊した斜面で滑りやすいです。
ハイキングコースにしては厳しい道ですね。
初心者は入らない方が良いかもです。
沢に出てからルートミスして、沢を下って、大棚ノ滝の上部に行ってしまいました。
戻って、梯子から対岸を見るとマーキング発見。
対岸を登ると、壊れた指導標がありました。

入山橋を渡って、「しんたく」の道標で左折。
手打ちうどんを食べようとしましたが、定休日でした。
さらに進むと、おしゃれなカフェがあり、アイスもあるようなので寄り道。
12種類の中から甘熟メロンアイスを選びました。
甘くてうめ~。

浅間神社下で、新倉山コースと合流。
古い指導標には、西川新倉林道ハイキングコースとありますが、どこのコースでしょう?

下吉田駅に着いたら時間があったので、下吉田倶楽部というお店に入ります。
冷やしそば500円をいただき、コシがあるそばでうまかったです。

s9180152.jpg
ロープのある迂回路も厳しい

s9180153.jpg
長梯子

s9180156.jpg
入山川大堰堤

s9180160.jpg
山神社

s9180171.jpg
手打ちうどん「しんたく」 11:00~14:00 水木定休日

s9180175.jpg
cafezakka cherry

s9180178.jpg
店内

s9180177.jpg
甘熟メロンアイス

s9180180.jpg
新倉山コースに合流

s9180186.jpg
下吉田倶楽部

s9180187.jpg
冷やしそば500円

帰りの電車では世話人さんチームと合流し、打ち上げとなりました。
立川駅北口の玉河は、定食もあって良い店です。
カニ玉定食うまかったなあ。

s9180193.jpg
玉河

s9180192.jpg
カニ玉定食

翌日も踏査になり、お先に失礼して、20時に帰宅しました~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。