スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜山から下吉田駅

新倉山分岐まで戻って、いよいよロープの張られた急坂を下ります。
断続的にロープがありますので、慎重に下り緩やかになると、ヤマツツジが咲いておりました。
なかなか良い尾根ですよ。

御殿と書かれたピークでは、アヤメが咲いていて、富士山の展望、東側の山々も眺められます。
張り出した岩があったので、それが御殿の由来のようです。

新倉山は、平坦な尾根上の山なので、山頂らしい雰囲気はありません。
テレビ塔の辺りから、寿駅への尾根に入ろうとしたら、踏み跡も無く薮が深いです。
この時期はちょっときついので、下吉田へ下ることに予定変更。

s9170105.jpg
新倉山分岐の手製道標

s9170108.jpg
ロープのある急坂

s9170110.jpg
ヤマツツジ咲く道

s9170123.jpg
御殿

s9170126.jpg
御殿のアヤメ

s9170129.jpg
御殿からの富士山

s9170132.jpg
新倉山山頂

穴に頭を入れるとゴーゴー音がするというゴンゴン石で、登山詳細図に興味津々二人組とお話し。
ジグザグに下って、送電線鉄塔のすぐ先でアヤメ群生地(アヤメ平)に出ました。
なぜこの一角だけアヤメが群生しているのか不思議です。

運が良ければ、アヤメと富士山の組み合わせも楽しめます。

東屋が二つ建つところから最後の富士山を楽しみ、浅間公園に出ます。
この辺りは桜の時期も良さげですが、残念ながら範囲外です。
下吉田駅までは道標に従って進みます。
下吉田駅はおしゃれな駅舎になっていて、ブルートレインの富士も停車しております。

接続が良く、西国分寺まで来てしまい、本屋さんを偵察すると登山詳細図のラインナップが一通りあります。
しかも奥武蔵登山詳細図が一番前に~。
ありがたいですね~。

腹が減ったので、ポポラマーマの半熟卵カルボナーラを注文。
自分では作れないうまさですよ。

s9170141.jpg
ゴンゴン石

s9170150.jpg
アヤメに囲まれた三角点(アヤメ平)

s9170151.jpg
アヤメ群生地

s9170155.jpg
展望台からの富士山

s9170172.jpg
新倉浅間神社

s9170193.jpg
下吉田駅のブルートレインテラス

s9170196.jpg
ポポラマーマ

s9170195.jpg
半熟卵カルボナーラ

次の休みは日勤明けの6月2日(木)と3日(金)で、大棚ノ滝と巡視路に行きたいと思います。

おわり。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。