スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三ツ峠山荘から霜山 2016.05.28(土)

三ツ峠山荘からは、三つ峠駅方面へ下ります。
ジグザグに下って、階段を下ると前回登って来た分岐に着いて、ここでつながりました~!
裏登山口~笹子駅がつながったのです。
踏査をやっていて、この瞬間が一番嬉しいです。

クライマーたちが続々とやって来て、屏風岩方面へ向かいます。
屏風岩はクライミングのメッカですね!

四季楽園へ上がって、展望ピークへ行きます。
『分県登山ガイド 山梨県 山と渓谷社』ではここを木無山としておりますが、山名標はありません。

三ツ峠山荘へ戻って、右へ裏登山道を見送って直進すると、展望地があります。
ここはツツジも咲いていて、富士山も見えるし気持ちが良いです。

天狗岩に寄り道すると、ここにもクライマーが数人いて、邪魔しないよう岩の突端まで計測しました。

s9170042.jpg
屏風岩のクライミング風景

s9170049.jpg
四季楽園

s9170051.jpg
展望ピークからの開運山

s9170057.jpg
展望地

s9170059.jpg
展望地からの富士山

s9170062.jpg
天狗岩(クライミング中)

展望盤があるけど、展望の無いピークを過ぎると木無山で母ノ白滝への道を右に分けます。
東のピークが本当の木無山ですが、高山植物保護のために立入禁止となっております。

御巣鷹山、開運山、木無山の三山で三ツ峠山の説がここに書いてあります。
私が様々な文献を当たって、麓からの三つの突起の見え方なども検証した結果。
開運山と東のピーク二つで三ツ峠山の説が正しいようです。

自然林の中を歩いて、時折展望があります。

s9170074.jpg
木無山山名標

s9170075.jpg
木無山山頂は立入禁止

s9170079.jpg
滑りやすいザレ場からの展望

s9170085.jpg
アンテナからも眺望あり


目の前が明るくなって、展望が広がると送電線鉄塔で、富士山が再登場です。
ここで、英語を話す人に道を尋ねられてしまいました。

三ツ峠? 2アワーと答えたら、センキューベリーマッチと言われ、なんとかお役に立てたようです。
世界遺産効果なのか、外人が多い気がします。

富士山の見える場所から、トラロープが急下降している場所が、新倉山分岐で、手製道標があります。
ひとまず、甲斐郡内西編の一番左下の霜山へ行きます。

霜山は、登山道からわずかに外れた位置にあって、ここを訪れる人は少ないようです
過去に天上山へ歩いたことがありましたが、これでは気付かなかったのも無理ありません。

s9170090.jpg
送電線鉄塔 天竜南線1号

s9170100.jpg
新倉山分岐からの富士山

s9170102.jpg
霜山山頂

つづく…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。