スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏登山口から三ツ峠山荘 2016.05.28(土)

夜勤後、昼間に眠ってしまい起きられるかどうか不安でしたが、なんとか起きられて中央線に乗りました。

大月駅でJRから富士急に乗り換える際は、ICカード(スイカ・パスモ)のタッチは不要です。

駅員さんが、何度もタッチは不要です!

と言っているのに、間違えてタッチしてしまう人が続出しております。
乗り換え時間もわずかですから、焦ってアナウンスが耳に入らないのでしょう。

車内では、観光アナウンスがあり、富士山が見える場所では、徐行運転というサービスもあり、驚きました。
河口湖駅から天下茶屋行バスに乗って、標高1,230mまで一気に上がってしまいました。
いや~これはほんとに楽ですね~。

バス停名は三ツ峠登山口ではなく三峠登山口となっております。

s9170007.jpg
三つ峠登山口バス停 9:38

測ってる人がいるよ~!

と後ろで声が聞こえ、まずは西川新倉林道を進みます。

そういえば、壊れたというか壊してしまった6代目に代わり、7代目コロコロくんのデビューなのです。
その姿はのちほど…。
ややこしいですが、前回まで使っていたのは、復活した5代目コロコロくんです。
また緊急事態になった時には、御登場願うことになるでしょう。

トイレのある裏登山口はすでに車が溢れていて、やむを得ず路駐している車もあります。
三ツ峠山は大人気の山ですね~。
ここのトイレも行列気味でした。

s9170014a.jpg
裏登山口(トイレ) 9:49

ほんとは旧道を歩く予定でしたが、うっかり入口を見落としてしまったので、そのままジープ道を行きます。
何度かジグザグして、ガードレールが見えて来ると、そこが旧道分岐です。
いつか下りで踏査しないといけませんね。

平坦な尾根になるとテーブルとベンチがあって休めます。
しばらく進んで、左へ分かれる踏み跡は、茶臼山方面への巻道ですが、上級者向けです。

s9170022.jpg
旧道分岐 10:13

s9170026.jpg
テーブル 10:24

三ツ峠山荘に着いて一息入れていると、小屋番さんがやって来て、名刺をいただいてしまいました。
甲斐郡内西編がここに置かれる日が来るかもしれません。
甲斐犬はガレージに引っ込んでましたが、元気そうでなによりです。

曇り予報で、富士山はまったく期待していませんでしたが、さすがにこの近さだと見えてしまうようです。

s9170031.jpg
三ツ峠山荘 10:50

s9170034.jpg
甲斐犬

s9170035.jpg
三ツ峠山荘からの富士山

つづく…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。