スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三ツ峠山から笹子駅 2016.05.21(土)

御巣鷹山から下ると、高畑を指す指導標がありますが、ロープで入れないようになっております。
その昔、武田の残党が隠れ潜んだといわれるカシヤ穴がある道で、古くは登山道にもなっておりましたが、廃道になったようです。
おもしろい道なのにもったいないなあ。

ずんずん下ると、滑りやすい斜面となり、慎重に下り、岩場となりここも慎重に下ります。
登山道が右に曲がる場所は、十字路になっておりますが、左と直進は、上級者向きで直進はロープが張られております。
かつての登山道ですが、堰堤工事で廃道になったようです。
このように、三ツ峠山には修験道やかつての登山道など廃道がいくつもあり、文献を漁ってその道を探すという楽しさがあり、何度も通った山でした。

s9160170.jpg
御巣鷹山 12:01

s9160176.jpg
廃道となったカシヤ穴への道 12:04

s9160181.jpg
滑りやすい場所 

s9160182.jpg
岩場は慎重に下る 12:31着 12:40発

トラバース道が終わって、鞍部になると、鳥屋場(網立場)という名があり、鞍部は鳥の通り道だったので、この名があります。
この先で以前、熊に遭遇したことがあります。
御巣鷹山~清八山は山深いところなので注意が必要です。
あの日は曇りで、木の上でガサガサ音がするなあと思って、そのガサガサの下を通り抜けて、ふと振り返ると、胸に三日月のある動物が仁王立ちしており、無言で静かにその場を後にしました。
ここの熊には襲われませんでしたが、別の山では襲われてしまいました。
熊がいないと思われる場所にも熊は出ます。
熊鈴などの対策をしましょう。

熊遭遇現場を過ぎて、ジグザグに登って行くと、網場の名があるピークですが、登山道は巻いております。

登山道が左へ巻いている場所から横木を越えて尾根上を行くと、茶臼山山頂ですが、古い紐がぶら下がるだけで、山名標もありません。

s9160188.jpg
鳥屋場 12:43

s9160189.jpg
茶臼山山頂 12:54

s9160195.jpg
ツツジ咲く登山道

賣立峠は、大幡山と茶臼山の間にあると資料にありますが、網立の誤記の可能性もあり、その場所は定かではありません。
大幡山を越えた送電線鉄塔のある鞍部が賣立峠のような気もします。
大幡八丁峠から高畑方面はかなり荒れていましたが、整備されたのでしょうか?
もう一度歩いてみないとわかりません。
この峠道は近々踏査する予定です。

御巣鷹山~清八山は、自然林が豊富で、ほんとに気持ちが良いです。
5月はツツジも咲いてほんとに楽しいですよ。

指導標のところで清八山の巻道を分けます。
清八峠の指導標には危険と書かれておりますが、ロープが張られていて、それを使うとなんとか通れました。
御坂山方面の道を分けると階段になって金網が出て来ます。
以前は電波塔があったのですが、今は針葉樹が育っております。
ずいぶんでかくなったなあ。

清八山直下は岩場なので注意が必要です。
御巣鷹山からだと登りですが、本社ヶ丸から来ると下りになるので特に注意が必要です。

s9160199.jpg
大幡山山頂 13:29

s9160200.jpg
送電線鉄塔 13:37

s9160209.jpg
大幡八丁峠 13:54

s9160212.jpg
ツツジ咲く登山道

s9160214.jpg
清八山巻道分岐 14:03

s9160219.jpg
ツツジ咲く登山道

s9160222.jpg
清八山からの三ツ峠山

s9160223.jpg
ツツジと御坂山

s9160224.jpg
清八山山名標 14:14着 14:44発

暑さもあって、かなり疲労困憊してしまいました。
奥武蔵踏査の時よりも体力が落ちてしまったようにも感じます。
やはり山には通い続けていないとダメなんですね~。
清八山では、30分も動けませんでした。
これは痛いタイムロスです。
もう鶴ヶ鳥屋山へ行くことは諦め、笹子駅へ下らないと記念会には間に合いません。

出発しようとすると、地元の夫婦が登って来られて、地図を出すということを話すと、「道が多くてわかりにくいから地図が出るのを楽しみにしているよ」とのことです。
ありがたいですね~。

清八峠からは、笹子駅へ下ります。
何度もジグザグを切り、これといったポイントもないので長く感じます。
大栂を過ぎると、急に明るくなって、大展望が広がります。
この辺りは、ほんとに気持ちの良い尾根歩きです。
登りよりも下りをおすすめします。
笹子雁ヶ腹摺山やお坊山を眺めながら下れるのが、最高です。

東山梨変電所を過ぎて車道を下ります。
リニアの非常口を過ぎると、轟音が聞こえて来たので、走行試験が行われているようです。
それにしても一瞬ですよ。
何事かと思いました。

かつて歩いた道も今はリニアトンネル残土の下で、追分ふれあい公園なんてのができてましたが、入れません。
なぜ一般開放しないのでしょうか?

記念会の行われている立川駅中華料理五十番へは大遅刻です。
山では迷いませんが、街中では迷ってしまいます。(笑)

カニ玉うまかったなあ。
汗をどっぷりかいた後のビールも最高でした。

s9160227.jpg
清八峠 14:52

s9160233.jpg
ベンチ 15:19

s9160234.jpg
大栂 15:43

s9160239.jpg
展望の良い道

s9160258.jpg
トクモリとお坊山 

s9160273.jpg
追分ふれあい公園

s9160278.jpg
近道入口

s9160297.jpg
笹子駅 17:44

s9160303.jpg
中華料理五十番

27日まで夜勤で仕事なので、次の踏査予定は28日土曜日です。
本社ヶ丸から鶴ヶ鳥屋山を踏査したいっす~。
関連記事
スポンサーサイト
155:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。