スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三ツ峠山登山口から三ツ峠山 2016.05.21(土)

橋を渡ると達磨石です。
解説板によると、文久年間(1861~1864年)に水難防止を祈願したもので、柄杓流川が暴れ川だったことがわかります。
別名の畳石の由来となった岩も水没してしまったらしい。

巨大な砂防ダムを右に見ると林道に出ます。
すぐに登山道ですが、林道ゲートの先は、権現尾根に続いております。
その名の通り修験道で、修行が行われたと思われる岩場が最大の難所で、登ることはほぼ不可能です。
東から迂回したことがありますが、このルートも厳しいです。
三ツ峠山に至るルートの中でも一二を争う難しく危険なルートなので、入らない方がいいです。
どうしても行きたい!
という方は私がご案内しますのでメールくださいね。

難所を過ぎれば一字一石供養塔に出られるのですが、1520m~1570mにかけて岩場の難所があるので一般向きではありません。
ザイルを使って岩場を降りてみたいと思いましたが、実現せずに終わってしまいました。
権現尾根は、三ツ峠山が霊山であることを実感させられた尾根です。
登山詳細図への掲載は見送る予定で、踏査は行いませんのであしからず~。

八十八大師からは、右へ四十八滝口や大久保山への巻道が分かれますが途中1か所わかりにくいところがあるので要注意です。

コロコロくんと開運山に来る日がこようとは夢にも思いませんでした。

三ツ峠山は、山の楽しさを存分に教えてくれた山です。
いつか、三ツ峠山詳細図を出したいですなあ。

s9160081.jpg
達磨石(畳石・五丈石) 8:53

s9160085.jpg
三ツ峠山は右、ゲートの先は?

s9160089a.jpg
最初のベンチ 9:11

s9160091.jpg
新緑の登山道を登る

s9160092.jpg
二つ目のベンチ 9:22着 9:30発

s9160095.jpg
股のぞき 9:34

s9160096.jpg
うっすら富士山

s9160098.jpg
新緑が素敵

s9160100.jpg
馬返し 9:49

s9160105.jpg
山道危険 9:54

s9160107.jpg
岩が多くなる

s9160108.jpg
階段

s9160110.jpg
愛染明王塔 10:12

s9160115.jpg
不二石 10:25

s9160117.jpg
八十八大師 10:32

s9160122.jpg
トウゴクミツバツツジ

s9160123.jpg
親不知 10:35

s9160128.jpg
自然の猛威?

s9160127.jpg
迫力の崩壊地から三ツ峠山

s9160135.jpg
愛宕尊

s9160141.jpg
一字一石供養塔 10:51着 10:57発

s9160144.jpg
神鈴権現社

s9160147.jpg

s9160154.jpg
屏風岩のクライマー 11:05

s9160155.jpg
三ツ峠山荘分岐 11:10

s9160157.jpg
富士見荘

s9160160.jpg
三ツ峠山(開運山)山頂 11:30

つづく…。
関連記事
スポンサーサイト
154:
日差しが強くなりましたね。
ポピュラーな三ッ峠もかずさんが歩くと違う山に見えるような…
156:Re: タイトルなし
知られざる隠れスポットにご案内いたしますよ~。
季節やルートを変えれば、三ツ峠山は、何度行っても飽きません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。