スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ峠駅から三ツ峠山登山口 2016.05.21(土)

甲斐郡内西編踏査の二回目は、この前、行きそびれてしまった三ツ峠山へ行くことにしました。
三ツ峠山から本社ヶ丸、鶴ヶ鳥屋山を経て、初狩駅まで歩きたいですが、奥多摩東編登山詳細図記念会も予定されておりますので、折を見て笹子駅に下ることも考慮しておきます。

大月駅では、乗り換え時間2分しかありません。
高尾駅発6:14 松本行に乗ると 大月駅着6:51 です。
乗り換えに便利な1番線発着なので、跨線橋を昇らずに済みます。
乗車車両は前方だと、富士急乗り場が近いようです。
「まもなく大月駅~」とのアナウンスで前の車両に移動しましたが、もっと前の車両に移動しても良かったかもしれません。
乗り換え時間2分じゃ、切符買う時間ないな~と思っていたら、スイカパスモなら、タッチせずにそのまま素通りしてくださいとのアナウンスです。
どういうシステムかわかりませんが、タッチせずに改札を通過します。

都留市駅辺りから学生が乗って来てけっこう混んできますよ。
三つ峠駅に着いて電車を降りると、運転手さんが切符の回収。
どうやら早朝は駅員がいなくて無人化している模様です。
スイカを見せると「改札でタッチしてください」とのこと。

電車が行った後、踏切を渡ると、奥武蔵踏査でお世話になった、ヤマノススメのキャラがお出迎え~。
ここでも会えるなんて~。
これは運命の出会いかも?
アニメを何度か見ていたので、こうなることはわかっておりましたが、偶然の再会を喜びます。

他の登山者?アニオタ?もカメラをパチパチ。
いや~大人気ですなあ。

s9160003.jpg
三つ峠駅 7:32発

機械にタッチすると、三つ峠駅までの金額が清算されました。
こういうシステムなんですね。
以前はICカードの導入がされていなかったので、かなり不便だったのですが、これはほんとに便利になりました~。

掲示板に貼られている、ガイドマップは、かなり詳しく、欲しくなってしまいましたが、もう配布は行われていないようです。
役所に行けばもらえるでしょうか?

駅前の案内図によると、倉見山がかなりメジャー化している模様です。
知られざる名山も今は昔、あれだけ富士山の展望が良ければ人気も出るでしょうね。

三ツ峠グリーンセンターに着くと、甲斐神鈴峯之図が置いてあります。
レプリカですけど、これは興味深いですよ。
三ツ峠山は水雲山とも呼ばれていたようです。
そういえば、近くのピークにそんな山名がありましたね。
山名が移動したのでしょう。

左前方には、三ツ峠案内所があり、トイレと登山届を提出することができる場所があります。

s9160035.jpg
甲斐神鈴峯之図(江戸時代)

s9160036.jpg
三ツ峠案内所 7:51着 7:55発

国公橋(こっこうばし)を渡ると、山祇神社があります。
山仕事の無事を祈願していた神社ということで、以前一度だけ祝詞あげる場面に遭遇したことがあり、今でも近在の信仰を集めております。
今日の登山の無事を祈ってから歩き出します。

s9160042.jpg
山祇神社 7:59

左に三ツ峠さくら公園が見えて来て、ここには無料駐車場があり、マイカー登山の拠点となっております。
三ツ峠山を模したトイレがいいですね~。
これを見ていると、三つの突起、ミツドッケからの転訛という説が納得できます。

s9160048.jpg
三ツ峠山を模したトイレ(三ツ峠さくら公園) 8:03着 8:09発

車道が右に曲がると、三ツ峠遊園脇の近道があるので入ります。
車道を歩くと遠回りなので、この近道を使うと便利です。

s9160051.jpg
三ツ峠遊園の近道

府戸尾根入口は、以前飛び石伝いに渡った記憶がありますが、今は車両が通れるようになっておりびっくりです。
砂防ダム付近の猛烈な薮も、昔話かもしれません。

s9160052.jpg
府戸尾根入口

神鈴の滝遊歩道が分かれるのでそちらに入ります。
以前来たときは真新しいチップ道だった遊歩道も、だいぶ劣化が進んでおり、土に還ろうとしている感じです。
岩盤を舐めるように落ちる神鈴の滝と背後の三ツ峠山がいいですね。
ガイマップには、パワースポットと書いてあります。

s9160053.jpg
神鈴の滝遊歩道入口 8:21

s9160057.jpg
神鈴の滝

三ツ峠山の三つの突起が見えてくると、木無山、御巣鷹山、開運山を三ツ峠山とする説が疑問に思えて来ます。
それは、後年出たこじつけ説と思われます。
憩いの森には、トイレ、東屋、駐車場があり、味気ない車道を歩くよりも遊歩道を歩くのがおすすめですが、指導標の類がないので、わかりにくいです。

眺望逆さ富士と書かれたバス停を発見しますが、タクシー乗り場のようです。
それにしてもどこから逆さ富士が見えるのでしょう?
再び遊歩道に入って、車道に出ると三ツ峠山登山口です。

駅からここまでのんびり歩いて1:17かかりましたが、まあまあの時間に着きました。
ガイドマップには、駐車場があるように書いてありますが、タクシーの転回場所にもなっているようなので、停められるのは数台程度のようです。
とある山岳会がタクシー4台で分乗してここまで来て、出発準備をしておりました。

s9160060.jpg
三ツ峠山

s9160062.jpg
憩いの森 8:31

s9160068.jpg
眺望逆さ富士 8:40

s9160074.jpg
三ツ峠山登山口 8:49着

つづく…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。