スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八幡坂ノ頭西側巻道 2016.05.09(月)

上中沢から桜久保峠を歩いた後、一旦八王寺林道に下って竹寺へ向かいます。
車道をそのまま進むと、以前来た時は工事中だった車用の茅ノ輪が完成しておりました。

ひっそりと静まり返った境内を進んで、茅ノ輪をくぐって石段を上がると、本殿の牛頭天王本宮があり、お礼参りをしておきます。
ほんとに感謝感謝です。

s9140040.jpg
竹寺入口

s9140042.jpg
茅ノ輪

登山道に出たら左へ進んで、鞍部を越える所が、『名栗の民俗』に書いてある八幡坂峠です。
巻道踏査後は、再びここへ戻ってきますので、ザックをデポして、仁田山峠方面へ進みます。
巻道を進んで、尾根に乗ると、以前は無かった通行止めの印があります。
仁田山峠方面から来ると間違えて直進しやすい場所ですからね。
右へ鋭角に曲がって急登すると、八幡坂ノ頭ですが、牛頭ノ峰の山名標がありました。

小笹の茂る道を下って行くと、右に黄標柱が立っており、ここが二つ目の宿題となっている八幡坂ノ頭西側巻道(巡視路)入口です。

s9140048.jpg
八幡坂峠

s9140050.jpg
八幡坂ノ頭

s9140052.jpg
巻道(巡視路)分岐

鋭角に右に曲がって、さっそく入ってみると、想像以上に薄い踏み跡です。
左に奥秩父線43号への巡視路を分けると、更に踏み跡が薄くなり不安になって、引き返して43号へ向けて下ってみますが、それらしい踏み跡はありません。
分岐からはそのまま水平に行くのが正しいようですが、不明瞭でわかりにくいです。

少し下り気味にトラバースして行くと、グエッグエッ!
と獣の鳴き声がしてきてビビリます。
遠くで黒い物体が、じーーーっとこちらを見ております。
クマかと思いましたがカモシカのようで安心しました。
でも鳴き声は怖いです。

黄標柱が出て来て、しばらくで八幡坂の登山道に出ました。
三つめの宿題のために、右へ曲がって八幡坂峠へ戻ります。

s9140053.jpg
薄い踏み跡

s9140054.jpg
43号分岐

s9140055.jpg
43号分岐の黄標柱

s9140056.jpg
43号への巡視路

s9140057.jpg
ますます薄い踏み跡

s9140058.jpg
カモシカ

s9140059.jpg
黄標柱

s9140062.jpg
登山道(八幡坂)に出て右へ

明日更新予定の風木クボ南西尾根へつづく…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。