スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周助山(しゅうずけやま)

標高383m。登戸の南東、名栗川左岸にある山。飯能市。

s8120023.jpg
2015年1月17日(土) 奥秩父線57号からの周助山

s8120025.jpg
2015年1月17日(土) 奥秩父線57号からの周助山

s8120050.jpg
2015年1月17日(土) 奥秩父線56号からの周助山

奥秩父線56・57号から北方を眺めると、空に突き出る感じの山容の周助山が見える。
なかなか形の良い山だ。
シュウズケとはどんな意味なのだろうか?
様々な文献を当たってみたが、由来は不明のようだ。

伝説が書いてある本を読むと、「ショウヅカばあさん」という言葉が出て来て、ハタと閃いた。
シュウヅケはショウヅカの転なのではないだろうか?

形の良い周助山の山容は、塚に見立てることができる。
ショウヅカ→ショウヅケ→シュウズケと転訛したと考えれば納得である。

以前、墓地から道なき道を急登して、苦労しながら登ったこともあるが、現在は原市場中学校バス停から指導標に従って登ることができる。
周助山山頂は展望が無いので、登戸まで足を延ばすことをオススメする。
周助山~登戸は、熟達者向きルートの入門、訓練にはもってこいのルートである。

s8140117.jpg
2015年1月21日(水) 周助山山頂
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。