スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝ノ入山(たきのいりやま)

標高560m。竹寺の南、名栗川左岸にある山。飯能市。

sDSCF0682.jpg
2016年4月8日(金)560m圏峰からの滝ノ入山

奥秩父線45号の少し西にある山だが、登山道から外れているために、訪れる人はほとんどいない。
山頂は植林に囲まれており、展望が得られない薮山である。

sDSCF0673.jpg
2016年4月8日(金)滝ノ入山山頂

『ものがたり奥武蔵 P33』の略図にその名があり、西の名栗側、東の中沢側の両方に滝ノ入という地名と沢があり、その源頭に当たることが由来。

滝ノ入 タキノイリ

八王子の南、下中沢から杉本で中沢川に注ぐ滝の入川の水元。
慶検に189文うち綿5匁、楮2.8束。5筆とのせる。
『風土記稿』には「滝は下中沢の内瀧ノ入沢にあり」また滝は三級(段)になって、上の二級は34尺、下の一級は45尺水幅56尺などとあるが、いま大滝、小滝ともいわれる。
滝の奥には耕作地もあったから、そこを入(イリ)といったのであろう。


『飯能市史 資料編 Ⅺ P139』

名栗側で聞き込みをしたところ、山名はわからないとのことだったので、中沢側での呼び名のようだ。
『新編武蔵風土記稿』にも載っているような著名な沢であるとは知らなかった。

s9120015.jpg
滝ノ入ノ滝(下段の小滝)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。