スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名栗の馬頭観音

去年の踏査では見つけることができなかった、馬頭観音をようやく今日見つけることができました。
原市場名栗林道(鍛冶屋入林道)の工事で場所を移されてしまい、わかりにくい場所に鎮座しておりました。
しかも、雨よけの波板が前に倒れていて、目隠し状態でした。
数年ぶりに日の光を浴びせてあげることができましたよ。
今は、林道を通る自転車、バイク、車、ハイカーを見守っております。
林道が右に急カーブする辺り、上の方を探してみてください。

s9120064.jpg
鍛冶屋入林道の馬頭観音 弘化2年(1845年)

「一体は峠の入口近くに、60センチに満たない高さの童顔で立ち、もう一体は久戸沢峠藤巻峠と古地図に書かれた峠の分かれ道近くに立てられている。中略

馬頭観世音

弘化二巳年吉日 佐野由□」

『名栗の石仏 P69』より

この石仏発見で、久戸沢峠道の分岐地点がわかり、久戸沢峠の場所も確定となりました。
肝心の峠道は、林道から沢沿い左岸を入って、50mくらい進むと、その先が崩壊しており行き止まりです。
古い地形図にもそのように書いてありました。
おそらく、度重なる出水で復旧されることなく放棄されたものと思われます。

仁田山峠経由で迂回して尾根に上がって、かつての久戸沢峠に行っても、峠道はありません。
伐採とその後の植林などの影響で消えてしまったようです。
これでは、地元の方が知らなかったのも無理はありません。
おそらく通行できなくなってから、半世紀以上が過ぎてしまったのでしょう。
久戸沢峠の名を絵図に残してくれた方には感謝ですね。
あの絵図が無ければ、永遠に忘れ去られた峠となっていたことでしょう。

s9120069.jpg
鍛冶屋橋 峠入口の馬頭観音 安永6年(1777年)

「仁田山峠を通ると、ずっと近かった。特に徒(カチ)では30分以上早く行けたので、いかだ乗りも江戸からの帰りは皆ここを通ったものです。」中略

馬頭観音 奉建立

武州秩父郡施主上名栗村中

安永六丁酉七月吉日 願主郎□」

『名栗の石仏 P68』より

こちらは、鍛冶屋橋バス停近くの林道へ少し入ったところにある石仏で、これは去年の踏査時から、見つけておりました。
江戸から歩いて帰って来た、筏乗りもこの石仏を見て、帰ってきたなあと思っていたことでしょう。
今日も花が生けてあり、地元の信仰が絶えていないようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。