スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地巡礼と日高屋と図書館と…

sDSCF2020.jpg
第五話 Bパート 12:10

つることゆきあつが西武秩父行電車に乗り遅れてベンチに座るシーン。
アニメでは、花の餅になっておりました~。

ほんとは、特急ホームから撮りたかったなあ。
発着番線が劇中と違いますけど、アレンジってやつでしょう。
この裏に行くと、お楽しみが待っておりますよ~!
あの花ファンなら必見でしょう!

名栗関係の書籍のコピーがすべて終わったので、今日は返却に行くことにしました。
図書館絡めて、山に行くのも大変なんで~。
6冊は重すぎます。

図書館での戦闘に備えて、腹ごしらえ~。
その前に、プラット飯能へぷらっと寄って、ヤマノススメ舞台探訪マップをもらいます。
踏査時は、あまりにも人気がありすぎて、品切れ中でしたが、やっと手に入れることができました~!

登山の合間に聖地巡礼するのも大変そうだな~。

って、第13話に久林っぽい場所があるんですけど~???
何度も行ったのにまた行くのか~?(笑)

で~腹ごしらえで、定番の日高屋へ~!
この前、他の人が頼んでいた汁なし!を注文します。

sDSCF2021.jpg
汁なしラーメン 550円(大盛り割引)

卵が付いてて、割ってびっくり、半熟卵ですよ。
なんとも言えない、深いコクでうまい!

メニュー見たけど、載ってないから裏メニューっぽいんだよね。
日高屋で、店員さんが水を置く時に、メニューも見ないで汁なし!と言えたら、ツウの中の通ですね!

外のサンプルには、汁なしが置いてありましたが、帰りに秋津店を見たら無かったですね。
飯能店限定なのかな~?


sDSCF2022.jpg


入間馬車鉄道なんてのがあったらしい。入間川駅(現狭山市駅~飯能駅)
明治34年~大正6年。
そういえば、名栗の歴史に書いてあったような気がします。

ちょっと遠いけど、図書館へ行って、本を返却します。
名栗分室で借りた本を飯能で返せるのは便利ですね。

名栗の根古屋城址について書かれている城跡関係の書籍が借りたかったんですけど、ここには置いていないようです。
また県立図書館から取り寄せか~?

sDSCF2023.jpg
飯能市立図書館と天覧山

色々と2時間くらい調べたんですけど、天覚山表参道のルートが判明して、しかも2ルートあるらしい。
あ~あの岩の手前で右だったのか~。
ありゃわからんて~。

桜久保峠の東側のルートも判明しました。
墓地と集落・跡?が途中にあるようです。

久戸沢峠の場所も判明。
やはり第一候補のようです。
地図の破線は、途中で消えてるから、完全なる廃道なのでしょう。
道が無くなったら、途中から尾根へ上がろうかな。
西側は、入ってすぐに踏み跡が消えているようですが、東側はけっこう長い距離で残っているようです。
その延長線上の交点が、久戸沢峠ということです。
クドというのは、炭焼き窯の煙道のことです。
クドのように谷間が細くて急峻なのが由来でしょう。
探索はかなり厳しそうです。

他にも、細かな追加がいくつか出て来ましたので、次版で盛り込む予定であります!

以前の踏査時も、ここの図書館には何度か寄っているんですけど、調べれば調べるほど、まだまだ新しい情報が出て来ますね。
疑問に思ったことを覚えていないと、見えて来るものも見えて来ないってわけか~。

帰り道、駅前にやたらとあるコインパーキングは、西川材の貯木場跡地であることに気が付きました。
外材が入る前は、駅周辺に材木が山と積まれていたようです。
今じゃまったく想像できませんけどね。
西に延びていた謎の引き込み線も、材木を積み込むためのものだったらしい。
これらのことは、名栗の民俗上下、名栗の歴史上下に書いてあります。

sDSCF2041.jpg
駅前に取り残された蔵は、材木置き場だった頃の名残…。

第二解説文⑲でチラっと書いておいたのですが、吉祥寺(三鷹)~青梅~名栗~秩父を結ぶ武州鉄道の計画もあったらしい。
昭和36年に運輸省の認可が下りたようですが、贈収賄事件が発覚して、計画は幻となってしまいました。
その後、無罪判決が出たのですが、武州鉄道は幻となりました。
これができていれば、名栗方面へ行くのにかなり便利になっていたでしょうね。
青梅在住だったら、気分次第天気次第で奥多摩か奥武蔵へ行けて、周回も可能です。

武州鉄道の計画挫折は、悔しいですね~。

sDSCF1856.jpg
名栗の歴史 下 P407
関連記事
スポンサーサイト
143:
武州鉄道…初めて知りました。
あったら便利でしたね。
144:Re: タイトルなし
名栗駅があったら飯能駅みたいになっていたかもしれませんね。
一の鳥居駅とかあれば、武甲山も近いのにな~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。