スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ!芋浦美へ行こう!

奥武蔵には、奇妙な地名がたくさんありますが、芋浦美もその一つです。

まず、読み方が難しい。

いもうらみ

と読みます。

おいもの裏がきれいだったのかな?

って、イモに表とか裏とかあったかな?




明治9年に改称されるまでは、芋恨(いもうらみ)と書いていたようです。

なんちゅ~恐ろし気な地名や~!

しかし~、イモを恨むとは、わかるようでわからないような…。

ここで採れるおいもがあまりにもうますぎて、ついつい食べ過ぎてダイエットに失敗しちゃったからイモを恨んだ?

ってイモに罪はありませ~ん!
自己管理できない自分を責めるべきでしょう。

そういえば、私の腹も最近ますます出てきたような…。

芋は食べてないんですけど。(笑)

まあ、冗談はさておき…。

『名栗の伝説 町田泰子 編集 P7』によると、東京の一口坂近くに住んでいた人が名栗の地に越して来て、その人は一口大じん呼ばれておりました。

一口は、ヒトクチでは無く、イモアライと読みます。

東京の一口坂も面白そうな由来がありそうですが、ひとまず置いておきましょう。

その一口大じんと呼ばれる人がふかしたさつまいもを食べた時に、喉につまらせ亡くなってしまい、家も絶えてしまったので、それ以来、この土地を「芋恨(いもうらみ)」と呼ぶようになったそうです。

ざっくりとあらすじだけですみません。
『名栗の伝説』にはもっといろいろ書いてありますので、飯能市立図書館などで読んでみてくださいね。
ちなみに、隣接市在住なら本を借りられます。
所沢の私は、ギリギリ?っていうのも変ですけど借りられたので、コピーしまくって、時々読んでおります。

それにしても個人的なエピソードが地名になるってすごいですね。

イモアライとイモウラミってどこか似てますね。

イモアライが訛ってイモウラミになり、伝説が生まれたような気もします。

金曜日は、その辺りをブラブラしようかと思っております。
ついでに、奥多摩東編の踏査もできたらいいかな~と。

仕事が終わったのが0時なので、起きられるかどうかわかりませんが~。
一稿の締め切りに間に合うか~?

飯能から湯ノ沢行きに乗って久林で下車して北上する予定です。

目覚ましは5時にセッ~ト!
その前に小腹が減った~。
ちょっとだけ食べてから寝よう!
これじゃあ、痩せないね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。