スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第77回所沢古本まつり

sDSCF2631.jpg

毎年、年4回ほど開かれている所沢古本まつり。
山仲間数人から、山岳書の特集コーナーがあるとの知らせを受けて、会社が休みになる4日金曜日に行って来ました。

本当は開催初日の2日水曜日に行きたかったですけど、仕事のある日はじっくり見られないですからね。

所沢駅前に着いたら、メガホンで「古本まつり開催中で~す!」と盛んにアピールしており、行き交う人々も気になっている様子です。
慌てても良い古書には巡り合えないので、まずは腹ごしらえ。

近くのなか卯で、カツ丼を注文!

ゲン担ぎのためですね~。
古書探しは戦いですから。

食べ終わったら、くすのきホールのエレベーターで一気に8階の会場へ行きます。

以前は、各書店の案内図が置いてあったのですが、最近は見当たらないですね。
好みの古書店とかを選ぶのに便利だったのになあ。

ちなみに、奥武蔵登山詳細図の参考文献のいくつかはこの古本まつりで購入しました。

さっそく、山岳書コーナーへ行くと、海外の山岳紀行文が多いです。
地域限定の古書が目当てだったんですけどね。

そんな中、『山と高原の旅 中村謙 著 朋文堂 昭和17年8月5日発行 限定10000部』が端っこの方に置いてあり、思わず手に取ってしまいました。
ちょっと変色が激しいですけど、800円なら安いです。
手持ちのやつは2000円で購入しましたから。

以前高値で買った古書が安く売られていると、悔しいですね~。

1958年(昭和34年)版も同名タイトルのものがありますが、昭和17版の方が挿入地図が豊富で、貴重な情報が多いです。

この手の山岳ガイド本って、なぜか戦前の方が情報満載なことが多いです。

この他は掘り出し物を見つけることができませんでした。
2日水曜日の開催初日に買われてしまったのか~?

く、悔しい~。


以前はこんな掘り出し物もありました。

sDSCF2639.jpg

秩父 武甲山総合調査報告書 分冊 武甲山と北麓の民俗 武甲山総合調査会 発行

ものすごく、難しそうなタイトルでしかも表紙がグレーで超地味地味。

でも内容は、林業や炭焼きなど山と人との関わりを知るのに役立つものです。

これは2000円で購入しました。
非売品ですから、2000円でも安いと思います。

これのシリーズで『別編3 横瀬町地誌』っていうのが、本当は欲しかったんですけど、すでに誰かに買われていて無かったです。

これを踏査後に立ち寄った横瀬町の図書館で見つけた時は、夢中になって読んでしまいました。
普段は郷土資料室で厳重に管理されているので、鍵を開けてもらって、ようやく読むことができたのです。


奥武蔵の南の奥多摩東編の制作が進んでいるようですね。
ちょっとだけお手伝いする予定です。
関連記事
スポンサーサイト
136:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。