スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天覧山(てんらんざん)

標高197m(194.6m)。高麗川右岸にある山。飯能市。
別名:愛宕山・羅漢山

「天覧山の勝」解説板には、海抜194.6mとある。
戦前のガイドブックによると、山頂には、大観亭という茶屋があったようで、1990年代の写真には茶屋らしき建物が写っているが現在は取り壊されて跡形もない。

享保12(1727)年の能仁寺境内図に「あたご山」と記されているが、これは山頂に愛宕社があったことによる。
その後中段に十六羅漢の石像が造立、奉納されたことにより、「羅漢山」と称されるようになった。
そして、明治16(1883)年4月、当地で近衛歩兵第一・第二連隊・砲兵隊などの諸隊による春季小演習が行われた。
その折明治天皇がこの山に登り、その様子を統監したことから、「天覧山」と呼ばれるようになった。



山頂にある解説板より

時代とともに山の呼び名は変わる。
その代表的な山の一つである。
「明治皇が演習をごになった」という誰もが知る由来の山。

また今は廃駅となった天覧山駅からのコースガイドも今となっては貴重な資料なので引用しておく。↓

先づ武蔵野電車を天覧山駅に下車(又は飯能駅下車で天覧山の登り口に出る。)
天覧山駅からは桜並木の道が僅かで霞の池東雲亭のある登り口に出る。



天覧山駅跡は、詳細図にも青字で記入しておいたので、探してみて欲しい。(至飯能駅25分の辺り)
かつては登山口まで桜並木が続いていたようだが、現在は住宅地になり唯一残されていた一本だけの桜も切られてしまった。
今でも天覧山駅が残っていれば、登山に便利な駅になっていただけに、廃駅となったことが惜しまれる。

sFH010031.jpg
1993年2月11日(木)天覧山山頂

sFH010029.jpg
1993年2月11日(木)天覧山山頂

sFH040024.jpg
1995年8月6日(日)天覧山山頂

sFH010002.jpg
1996年12月12日(木)天覧山山頂

s8230153.jpg
2015年2月6日(金)

s8230154.jpg
2015年2月6日(金)

s8230155.jpg
2015年2月6日(金)

s8230156.jpg
2015年2月6日(金)

s8230167.jpg
2015年2月6日(金)

s8230168.jpg
2015年2月6日(金)

s8230169.jpg
2015年2月6日(金)

s8230165.jpg
2015年2月6日(金)天覧山からの富士山

天覧山に纏わる伝説

この愛宕山と呼ばれている頃のむかし、平将門が関東で反乱を起しましたので都では、藤原秀郷に命じて、将門を征伐させることにしました。
このことを聞いた将門は、この愛宕山に陣どって、秀郷をむかえ討ちました。
両軍は、全勢力をあげて戦いましたので、この付近には、七日七夜の間、血の雨が降ったということです。



『飯能の伝説 新井清寿 著 P14 愛宕山の戦』
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。