スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大平二号(おおひらにごう)

標高310m。大谷木川と阿諏訪川に挟まれた丘陵地帯(越生毛呂山丘陵)にある山。大谷木称。

s8400086.jpg
2015年3月5日(木)奥秩父線86号付近からの大平山群

大平山の東、大谷ッ山の少し東で尾根が二手に分かれ、南東の尾根をたどると、大平二号となる。
山体は完全に大谷木分となるので、阿諏訪側の山名は無く、大谷木側の大平二号が正名となる。
かつて入会山だった大平山群のうち、310m圏峰を大平二号と呼ぶようになった。
東の山から順に大平一号、二号、三号、四号と名が付けられている。

大平山から東へ黄標柱229号を頼りに歩いて、大谷ッ山を過ぎると、こんもりとした山頂に着きそこが大平二号である。
南へ巡視路が分かれ、少し下ると、西上武幹線229号が建っている。
この巡視路は230号へと続いているようだが、尾根上の方が展望が良いので、尾根上を歩くことにする。
230号を経て、巡視路をたどり鎌北湖の東の県道186号線に出る。

s8450114.jpg
2015年3月6日(金)県道186号線 車地蔵付近から見た大平二号

s8590107.jpg
2015年3月29日(日)229への巡視路が分かれる場所が大平二号山頂 310m圏峰

s8590108.jpg
2015年3月29日(日)西上武幹線229号へ寄り道 東三角山などが見え割と展望が良い

s8590109.jpg
2015年3月29日(日)西上武幹線229号

s8590111.jpg
2015年3月29日(日)大岩巻く

s8590113.jpg
2015年3月29日(日)安曇幹線の送電線鉄塔が建っていたと思われる展望地

s8590116.jpg
2015年3月29日(日)石標ピークと鎌北湖展望台(右の山)

s8590118a.jpg
2015年3月29日(日)展望地から南側の物見山、小瀬名富士を見る

s8590119.jpg
2015年3月29日(日)西上武幹線230号

s8590122.jpg
2015年3月29日(日)西上武幹線230号

s8590121.jpg
2015年3月29日(日)鎌北湖展望台を間近に見るが展望台は見えない

s8590123.jpg
2015年3月29日(日)東ムカイ山、東稲荷山、愛宕山、北拝沢丸山

s8590124.jpg
2015年3月29日(日)尾根上を下らずに、黄標柱を頼りに巡視路を下る

s8590125.jpg
2015年3月29日(日)229号からの巡視路が合流し、左折

s8590127.jpg
2015年3月29日(日)洞穴?

s8590128.jpg
2015年3月29日(日)県道186号線に出る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。