スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹穴山(かにあなやま)

標高460m。高麗丘陵の山。スカリ山の北西、スカリ山と越上山の中間くらいに位置している。

阿諏訪林道から十二曲峠へ行く峠道入口付近の沢に、蟹穴と呼ばれる大穴が開いていて、穴の形が蟹に似ていることからその名が付き、それが沢名となり、その沢のツメを蟹穴山と呼ぶようになった。
ただし、この呼び名は毛呂山町のみの呼び名なので、ほとんど知られていない山名である。

西上武幹線227号が建つ向山山頂から見ると尾根上の突起に過ぎず、左手前の雨堤の方が山の形が良いくらいだ。

s8590083.jpg
2015年3月29日(日)向山328.6m 西上武幹線227号からの 雨堤と蟹穴山

s8330140a.jpg
2015年2月20日(金)白銀平(物見山)からの蟹穴山

s8400088a.jpg
2015年3月5日(木)奥秩父線86号付近からの蟹穴山と大沢山

登山道はわずかに巻いているので、山頂の写真を撮り忘れてしまい悔いが残る。
いつかまた山頂を踏みに行ってみたい!

s8500059.jpg
2015年3月20日(金)H425地点右は、鎌北林道、阿諏訪林道、五六などへ行ける。蟹穴山や越上山へは、尾根上の道を登る

s8500062.jpg
2015年3月20日(金)阿諏訪林道方面にハイキング道通行止め看板が立っているが、林道工事が終わったので、現在は通行可能。

s8500064.jpg
2015年3月20日(金)H425地点から尾根上の道を少し登ると、右に鎌北林道への短絡道を分ける。

s8500067.jpg
2015年3月20日(金)左に曲がる地点。

s8500068.jpg
2015年3月20日(金)安曇幹線363号 ここまで来ると蟹穴山を通り過ぎている。
気付かず通り過ぎてしまうほど小さな突起なのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。