スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯森山(いいもりやま)

標高220m。鎌北湖の東にある山。
『新編武蔵風土記稿』に「上り六七町 其の形飯を盛りたる様なれば名付けたり」とあり、ご飯を盛ったような山容が由来。
メシモリでは無く、イイモリと読む。

s8410066.jpg
2015年3月6日(金)256.4m三角点峰から広い尾根道をたどる

s8410067.jpg
2015年3月6日(金)黄標柱

s8410069.jpg
2015年3月6日(金)眼下にゴルフ場が見えると、平沢富士山が見えるが、裏からだと富士山っぽく見えない。

s8410071.jpg
2015年3月6日(金)何やら文字が書いてあるが、判読不能。

s8410072.jpg
2015年3月6日(金)右に折れる屈曲点にスコップが置いてある。(地図にも記載)

s8410074.jpg
2015年3月6日(金)飯森山山頂付近、踏み跡が山頂の南をわずかに巻いているので、気づかず通り過ぎてしまった!

s8410076.jpg
2015年3月6日(金)広い道に出る。逆コースだとわかりにくい。この先も不明瞭な場所有り。

s8410077.jpg
2015年3月6日(金)古い倒木を潜る

s8410078.jpg
2015年3月6日(金)二手に分かれる道は左へ

s8410079.jpg
2015年3月6日(金)黄テープが巻いてある場所で車道に出る。左:毛呂山総合公園 右:山根六角塔婆

飯森山のすぐ下に、日照りの年でも枯れた事がないと云う、雨乞い岩(すずり岩)麓の修験岩本坊の聖地で、現在も雨乞の行事を行っている。
又そばには小持ち岩があって、岩をまたぐと子宝に恵まれると云われている聖地がある。
中略
尚昔山頂には、亥鹿明神奥宮と中腹に亥鹿明神中宮があったといわれている。



と資料にあり、『ものがたり奥武蔵』でも記載されている硯岩と資料の小持ち岩を探したが見つけられなかったので、ゴルフ場の中にあるようだ。

かつての聖地の名を地図に表現できたことは、とても意義のあることだと思う。

後日、別のアプローチを使って、ようやく飯森山山頂に立てた。↓

s8450101.jpg
2015年3月12日(木)飯森山の西にある展望地、お昼を食べるなココ!

s8450102.jpg
2015年3月12日(木)飯森山山頂 220m圏峰 亥鹿明神奥宮跡

言われてみれば、飯森山山頂付近は鎮守の杜のような雰囲気である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。