スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東中峰(ひがしなかみね)

北向地蔵と鎌北湖の中間に位置する山。標高270m。
昔は、広々した山頂だったらしいが、林道権現堂線が通って一変してしまい、山頂らしさは、感じられない。
北向地蔵と鎌北湖の中間に位置するのが由来かもしれないが、嘉名(美称)のようだ。

s8440085.jpg

s8440086.jpg
2015年3月5日(木)東中峰山頂270m圏峰

おそらく、山頂は権現堂林道造成の折に削られて破壊されてしまったのだろう。
林道の東へ薮を分けて入ると、高まりがあり、そこが東中峰山頂のようだ。

東イナリヤマから尾根は北に延び途中から東に小尾根が出ている所。
東イナリヤマから0.5kmの所にある。
林道権現堂線の東に大きくカーブした所で、景色も良い。
自然林が多く広場や草地だったが、最近は木も大きくなりイバラが増えてきた。
北に大平山群が良く見え、新しい大きな高い鉄塔が目に付く。



と資料にあり、位置特定の根拠は、「林道権現堂線の東に大きくカーブした所」という文面である。
東に大きくカーブした所は一箇所しかなく、これが決め手になった。

s8440087.jpg
目印

s8440088.jpg
取付点

s8440090.jpg
山頂っぽい雰囲気280m圏峰

s8440091.jpg
更に西へ進むと猛烈な藪に阻まれる

林道西側も調査してみたが、山頂らしいところがあったものの、その先は猛烈な藪で進めなくなる。
270m圏峰と280m圏峰のどちらが東中峰だろうかと悩んだが、資料に「標高260m」とあり、それに近い270m圏峰と判断した。
位置特定に悩んだ山名の一つである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。