スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東稲荷山(ひがしいなりやま)

s8400055.jpg
2015年3月5日(木)東稲荷山山頂 380m圏峰

北向地蔵の北東にある山で、稲荷信仰による山名と思われる。
稲荷信仰は、京都の伏見稲荷から勧請され中世から近世にかけて広まった。
特に江戸時代は、日本橋越後屋呉服店(現三越)が信仰したことにより、爆発的に広まった。
毛呂山町 権現堂の東地区にある山なので、「東」を冠しているが一般には稲荷山とも呼ばれる。
ただし、山頂に祠などは無く、林道宿谷権現堂線に祠があるが、稲荷神社かどうかは不明。
後述する東織部ヶ峰の三嶋大神、熊野権現の可能性が高く、今後の調査研究課題である。

s8360084.jpg
林道宿谷権現堂線にある祠

山頂からは、北東方向の展望が良く、送電線奥秩父線84号が建っている。
最高地点は更に少し進んだ植林の中の奥地だが、この場所を山頂としても差し支えはないだろう。
東直下には、畑もありこの山へ向けて豊作が祈願されたと思われる。

s8400059.jpg
東稲荷山直下の畑

登路は三つあり、いずれも北向地蔵~鎌北湖の登山道に黄標柱が立っているのが目印。
登山道から離れた山なので人に会うことはまずない。
北向地蔵が混雑していたら、眺めの良いこの山でお弁当を広げると良い。

s8450123a.jpg
鎌北湖の案内図に記載されている忘れ去られたルート

東稲荷山の東北東、〇黄マーク(黄標柱)から北の大師寺へ向かう尾根上の紫実線は、忘れ去られた旧ハイキングコースで上部植林帯は一部不明瞭だが、下部は明瞭な雑木林の道となっていて、一味違った山行が楽しめる。
奥武蔵登山詳細図のルートに入れたかったが、その距離の短さと北向地蔵付近の過密軽減のため敢え無く解説を見送ったルートの一つ。
鎌北湖を訪れる際は、東稲荷山とともに歩いていただきたい知られざる好ルートである。

s8440079.jpg
大師寺付近の取付点

s8410036.jpg
2015年3月6日(金) 奥秩父線86号から南西方向の東稲荷山(奥秩父線84号)を見る

s8440100.jpg
2015年3月11日(水)愛宕山付近から北東方向の東稲荷山(奥秩父線84号)を見る(上の写真の反対側)

s8410045.jpg
2015年3月6日(金)四季彩の丘公園から東稲荷山(奥秩父線84号)を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。