スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番~一七番

地形図を見ると、横瀬町には、一番とか三番とかの数字が並んでいることに気が付きます。
札所の番号かな?とも思いましたが、位置が違うようです。
そこで調べてみたら、明治9年(1876年)に明治政府が行った地租改正に伴なう土地面積の調査で旧字が整理改名されて、一番~一七番の字名が生れたようです。
当時の横瀬にも近代化の波が押し寄せて来たのですね。

しかも更にわかりにくくなっているのが、横瀬では独自に区政を敷いて、一番を一区として、以降一七番までをそれぞれ一七区としております。
この場合の横瀬とは、合併前の旧横瀬村の範囲で、旧芦ヶ久保村は含まれません。
旧芦ヶ久保村の字名は、改名されずにそのまま残りましたので。

正式には、一番耕地や三番耕地とも呼ばれ、耕作地に適した平野部で改名が行われたようです。
地形図を見ると、山岳地帯には一番~一七番が無いので一目瞭然です。

紛らわしくて、更に混乱させてしまいますが、八番峠という地名があり、これは地租改正とは関係無く、札所八番へ向かう巡礼道が越えていたことが由来です。
現在は三菱マテリアルの社宅となっており、いくつか残っている石造物でかつての八番峠を偲ぶことができます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。