スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思索の森 横瀬駅~愛宕神社

2015.6.2(火)晴れ
6:30~12:00
横瀬駅~お天狗様~愛宕神社~天王山~新宇根峠~木ノ間沢~木ノ間地蔵~百一田んぼ~旧宇根峠~329m点~新宇根峠~宇根八阪神社~戸坂峠~秩父線22号~琴平神社分岐~林道~御製碑(ぎょせいひ)~宇根八阪神社~横瀬駅

いよいよ踏査も今回で最後となります。
『横瀬町登山・ハイキングガイドマップ』に掲載されている思索の森ハイキングコースを歩きます。
横瀬駅を出て右折し、武甲山への道を見送って、駅下の地下通路を通ります。
各所に設置されている指導標に従って進みますが、指導標も二種類あって迷います。
天王山を目指して進みましょうかね。

s8980002.jpg
横瀬駅から地下通路へ

民家の間の狭い道を入るとすぐに山道になって、墓地脇を抜けて登ると、西武横瀬線3号の送電鉄塔を奥に見ます。
色んな種類の送電線があるなあ。
それにしても、西武線の路線名みたいな名前だな~。

鳥居と祠の建つピークに来ると、お天狗様と書かれた解説板があります。

「猿田彦命をまつっており、ほかに大山祇命、稲荷神社、三峯神社、古峰神社もまつられています。
おまつりは2月16日で、長い青竹の先に幣束(へいそく)をつけた梵天(ぼんてん)を高い木のてっぺんにくくりつけ、無病息災をいのります。
終わると御神酒がみんなにふるまわれ、大福引きが始まります。
子供達は社(やしろ)の前で行列をつくり、太鼓をうちならします。」

どんなお祭りなのか参加してみたいですね~。
祭神の猿田彦命は、鼻が長くて、天狗の原型とも云われていますので、お天狗様と呼ばれているようです。

s8980016.jpg
お天狗様(天狗社)

一旦下って登ると、木の間から武甲山を垣間見ることができます。
里山なので、展望は諦めていたので、これは嬉しいですね。
石標を見て下ると、ヌタ場を奥に見ます。
こんな場所でも意外と自然が豊です。
そういえば、広葉樹林も点在していて、雰囲気は悪くありません。
鞍部へ登り着くと、峠状になっており、荷物を置いて愛宕神社を往復します。

s8980020.jpg
武甲山を垣間見る

s8980027.jpg
峠状の分岐

s8980028.jpg
愛宕神社

本殿の彫刻は、神仏折衷様式で横瀬町有形文化財に指定されております。
老朽化のため建て替えをしたと石碑に書いてあり、根古屋城の外縁の守りとして祀られ、敵の来襲、火難除けの役目を果して来たそうです。
愛宕神社も根古屋城に関係していたというのは驚きです。



只今、体が不調のようです。
頭が痛くなってきました~。
熱もあるようです。
つづきは静養のあと?
関連記事
スポンサーサイト
63:
頭痛は寝れば治るんですよね。
緊張の糸が急に切れてしまったようです。
ちょっとした燃え尽き症候群かもしれません。
これから、資料を更に深く読み漁って、作図なので、まだまだ終わった気はしませ~ん。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。