スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

机ノ平

岩場を下ると、岩に何かがはまっていた跡があり、ここに天王社があったようで、鉄板が二箇所にありました。
左に石段を見つけ、たどってみると、参道でした。
ここまで参拝に訪れる人もいたのでしょうね~。

平地になると、ヌタ場があり、ここは、机ノ平と呼ばれております。
高所の台地を机というのは、茅ヶ岳の麓にも大机があり、意味は同じで、三角山の別名を大机山と呼ぶのは、この机ノ平に対しての呼び名と思われます。

秩父石灰線3号の送電鉄塔を見ると、踏み跡がわかりにくくなりますが、北側を進むと、巡視路を見つけることができます。
ジグザグに下ると橋の近くの林道に出ましたが、逆ルートだと入口を見つけにくそうです。

根古屋バス停に着いたら、16:27のバスの少し前で、奇跡が起きたと思いました。
終点の西武秩父駅では、仲見世通りを歩いて、ビアガーデン風のところでビールを買って乾杯しました。
長くて暑くてつらい一日でしたが、この一杯のビールですべてが良い思い出に変わります。

s8960074.jpg
岩場

s8960075.jpg
左が広葉樹林で明るい

s8960077.jpg


s8960082.jpg
岩場を下る

s8960085.jpg
何かがはまっていた凹みがある岩(天王社)

s8960087.jpg
参道を行く

s8960089.jpg
ヌタ場(机ノ平)

s8960090.jpg
秩父石灰線3号

s8960093.jpg
巡視路入口

s8960096.jpg
巡視路を下る

s8960097.jpg
取付点

s8960102.jpg
光正寺

s8960125.jpg
根古屋バス停

s8960128.jpg

s8960129.jpg
秩父仲見世通り

31日日曜日は疲労困憊で14時まで寝ておりました。
明日月曜日は、羊山公園から思索の道で横瀬へ向かう予定ですが、起きられるかどうかわかりません。

踏査完了まで残り2回で~す。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。