スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松尾山

喜多川神社をくまなく見て回りましたが、松尾山への取付点は無いようです。
先ほどの分岐から踏み跡をたどるか~。
ということで、少し戻ります。

仮設橋手前に尾根へ上がる踏み跡を発見し、この枝尾根を上がってみることにしました。
急登ですが、途切れ途切れの踏み跡もあります。

s8940060.jpg
藤原中腹道入口

s8940062.jpg
この尾根を登る

果樹園の跡らしき場所に出て上を見ると、石造物があったので登ってみると、墓地でした。
ここに来るまでかなりの急登を強いられたので、お参りに来る人はいなくなった墓地と思われます。
もしくは、別の良い道がどこかにあるのでしょうか?
この上で、なんと!
黒尾根などでお世話になった手製道標を見つけました。
こんなところも歩いているのか~。

s8940064.jpg
果樹園の跡

s8940067.jpg
墓地に出る

s8940068.jpg
おお!手製道標久しぶり!

主尾根に出ると、歩きやすくなり、松尾山です。
鞍部へ下ると、またも手製道標があり、岩井沢観音堂へ行けるようです。
こんな道を発見したら、帰りはここに来ないといけませんね。
北川尾根を下ろうかと思っていましたが、予定変更です。

s8940072.jpg
松尾山

s8940075.jpg
岩井神社(岩井沢観音堂)へ行けるらしい

石仏が佇み、ここは古道のようです。
トラバース道を進むと、倒木がありますが下を潜れば問題ありません。
次第に道幅が広くなり、道形も明瞭になって、作業道を右に分けて進むと、林道に出て檥峠への指導標が立っておりました。

s8940076.jpg
石仏の脇を進む

s8940080.jpg
倒木あり

s8940081.jpg
次第に明瞭になる道形

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。