スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原中腹道

この後の峠道は、思いっきり民家の敷地を通って、車庫の中を通るので、仮に許可が出たとしても、地図には載せにくいですね~。
林道を下るのが無難なようです。
沢を無理矢理下るっていう手もありますけどね。
遠回りだけど、仕方ありません。
林道を歩いていたら、沢沿いの道を発見しました。

北川沿いの車道に出たら、岩井沢観音堂からの藤原中腹道を歩いて喜多川神社へ行くことを思い立ちました。
踏査って、けっこう行き当たりばったりの思い付きの閃きで歩くことも多いのです。
あんまし、がんじがらめの固い計画だと、臨機応変に対応できないんですよね。
だから、歩くルートは、大体決めておいて、後は現場で判断するっていうのが多いです。
その方が断然面白いし、意外な発見も多いし、意外な道も歩けてしまうのです。
ちょっと遠回りですけど、気になる藤原中腹道を歩きたい!
思いはこれだけです。

s8940040.jpg
岩井沢観音堂の庚申塔から入る

岩井神社っていう標示もありますけど、鳥居が無くてお堂だけなので、岩井沢観音堂が正解です。
神社マークの地図も間違いでしょう。
岩井沢観音堂の石段を上がって、右へ折れて、公民館の上の道を進みます。
庚申塔が立っていて良い目印です。

だんだん道が細くなって不安になりましたが、左上に民家への道を分けると畑の中を歩くようになり、大根を収穫中の現場に出くわしました。
作業の邪魔になると悪いので、静かに歩きます。

s8940043.jpg
大根収穫中

周囲は、畑と草原が点在していて、と~~~~~っても気持ち良いところですよ。
ヤブヤブ、蜘蛛の巣だらけを想像していたので、これは嬉しい裏切られっぷりです。

s8940044.jpg
明日歩く尾根

s8940045.jpg
気持ち良い藤原中腹道

s8940046.jpg
明日歩く尾根

s8940047.jpg
何山?

この道は地図に載せたい!
ちょうど農作業をしている男性がいたので、声をかけてみると、許可をいただきました~。
ついでに喜多川神社の場所も聞くと、車道を進んで上に上がればいいとのこと。
お礼を述べて先へ進みます。

仮設橋を渡ると、教えてもらった通りに砂利道の車道に出て軽トラが二台止まっております。
左へ分かれる細道が二つありますが、おそらく民家への道なので入らない方が良いでしょう。

砂利道を下り気味に進むと、気になる山道を発見しましたよ。
これって、喜多川神社に行く旧道なんでね~の~~~~?

s8940052.jpg
ここから入ってみよう!

途中で踏み跡を分け、仮設橋を渡ると、藪になりましたが、わずかな距離で、喜多川神社の横に出ました~。
車道よりかなり近道なような気がします。

s8940053.jpg
分岐

s8940054.jpg
仮設橋

s8940057.jpg
喜多川神社にキタ

ドンピシャで予想が的中すると、嬉しいっすね~。
これだから、山歩きはやめられまへん。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。