スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝ノ入右岸枝尾根

2015.5.28(木)曇り
6:30~14:00
正丸駅~513m点~548m点~三田久保峠~岩井沢観音堂~藤原中腹道~喜多川神社~松尾山~檥峠~飯盛山西~フウリンツツジ~650m点~岩井沢観音堂~西吾野駅


今回は、檥峠~飯盛山西を歩いて、メインコースを繋ぐのが目的ですが、その前座も重要です。
松尾山に行くことだけは決まっていましたが、三田久保峠までどうしようか決めておりませんでした。

正丸駅を出て、三田久保峠へ歩いていると、気になる階段を見つけました。
滝ノ入右岸枝尾根っていう、けっこう張り出した枝尾根に行ける感じです。
三田久保峠は踏査済で同じところを歩いても意味が無いので、ここに入ってみることにしました。

s8940002.jpg
滝ノ入右岸枝尾根入口

階段を登ると、右に施設を見て、そこに行くためのものだとわかりますが、灌木の藪があってたじろぎます。
でも踏み跡があるので、強引に進むと灌木の藪はわずかで終わりでした。
ピンクテープを追いつつ登りますが踏み跡は薄いです。
左にフェンスが見えてますが、フェンス沿いには歩かない方が良いと思います。
次第に踏み跡が明瞭になって来て、尾根に乗ればもうこちらのもの。
作業道に出て、削られた場所を木の根や灌木につかまってよじ登り、苦労して尾根を登るとまた作業道です。
地形は単純ですが、作業道が複雑に入り組んでいて、登山詳細図欲しいよ~!
って思いましたが、今作ってる最中なんですよね。(*^▽^*)ゞ
それにしても豪快に削ってくれちゃっているので、取付点探しが大変です。
左に分かれている作業道を少し入ってから木の根につかまって、尾根に乗りましたが、逆コースだとわかりにくいでしょう。

s8940013.jpg
ここから取り付く

尾根を登って、天久保山からの主尾根(北川右岸尾根)に合流すると、なんと!
指導標があるじゃあ~りませんか!
ってことは今まで歩いて来た道って偶然、指導標に沿った道だったみたいですね。
偶然見つけた取付点に入っておいて良かったですわ~。
後日、往復踏査とか大変ですからね。

s8940015.jpg
指導標

513m点を過ぎると、左手が広葉樹林になりますが、今日は曇りなので、輝きはありません。
涼しくていいんですけどね。

s8940018.jpg
広葉樹林

作業道に出たら、そのまま進むと、北川正丸林道に出て、とりあえず右へ進みます。

s8940021.jpg
北川正丸林道に出る

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。